きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのぶうたんさんの感想

ホラー大賞優秀賞。個人的な印象はホラーと言うよりダークファンタジー。グロテスクな描写は多いが、恐怖が主眼ではないだろう。舞台のイタギリはリアリティが薄く、最後まで違和感は拭えず。クライマックスを描きたいがために、全てが逆算で構築されている気がする。なので、最後に感銘を受けないと全体が良くは見えて来ないのではなかろうか。表紙と相まってライトノベル的な読後感で、ホラー大賞のタイトルを加味すると今ひとつかな。
★14 - コメント(0) - 2016年12月11日

感想・レビュー投稿者

900冊/274458ページ/333レビュー/男性

ぶうたんさんの最近の感想・レビュー

本当にあった!  特殊乗り物大図鑑 (彩図社文庫)
世界中の変な乗り物を集めた本。と言っても全部変なわけじゃないし、1つ2ページなので内容も薄い。知って…続きを読む
野呂邦暢作品集
これまで2冊くらいしか読んでなかったので、作品集成に行く前に代表作くらい読んでおこうと手を出したが、…続きを読む
ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
クリスティ文庫読破計画。1巻から1年以上たってしまった。これでは生きているうちに終わらない!ゴルフ場…続きを読む
夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)
表題作の最後にあるモノローグ。「十年経ったけど原爆を落とした人はわたしを見て「やった!またひとり殺せ…続きを読む
妻が椎茸だったころ (講談社文庫)
そこはかとない奇妙さを湛えた短編集。鏡花賞受賞作。既読作からすると、延長線上にあるような、意外なよう…続きを読む
宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン (集英社オレンジ文庫)
感想のアップ数からは人気が窺われる3作目。ただし鉱物は嫌いではないが、宝石には興味がない自分にはそれ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)