きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのぶうたんさんの感想

ホラー大賞優秀賞。個人的な印象はホラーと言うよりダークファンタジー。グロテスクな描写は多いが、恐怖が主眼ではないだろう。舞台のイタギリはリアリティが薄く、最後まで違和感は拭えず。クライマックスを描きたいがために、全てが逆算で構築されている気がする。なので、最後に感銘を受けないと全体が良くは見えて来ないのではなかろうか。表紙と相まってライトノベル的な読後感で、ホラー大賞のタイトルを加味すると今ひとつかな。
★17 - コメント(0) - 2016年12月11日

感想・レビュー投稿者

913冊/278675ページ/346レビュー/男性

ぶうたんさんの最近の感想・レビュー

八月は冷たい城 (ミステリーランド)
叢書を立ち上げる時はぶち上げておいて、何年か経つうちに自然消滅する事が多い(特に早川)中で13年かけ…続きを読む
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
過去作品の焼き直しと言う評が多いような気がするが、自分はそれほど読んでいないのであまり気にならなかっ…続きを読む
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
読み始めから独特の文体はパロディかのよう。浮世離れは相変わらずで現代の日本とは思えず。著者らしいとし…続きを読む
私たちの願いは、いつも。 (角川文庫)
元本を買った気もするのだが、なんと無く読みたくなって文庫版を購入して大正解。解説で北上次郎氏が書いて…続きを読む
昭和の洋食 平成のカフェ飯: 家庭料理の80年 (ちくま文庫)
料理を切り口にした女性論、世代論になっていて、こちらの予想とは少し方向性が違っていた。もう少しポップ…続きを読む
花堕ちる〈下〉
下巻も存外読了まで時間がかかってしまった。微妙な心持ちだったとしても、憎んでいるわけでは無い追いかけ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)