きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのよっちさんの感想

世界から見捨てられた人々が集まる混沌の街・イタギリ。そこで生まれ育ち明日の見えない生活を続ける少年・晴史が、道端でスケッチをする儚げな少女・シズクに淡い想いを抱く物語。ふとしたきっかけから言葉を交わし、共に過ごす時間を持つ日々を楽しみに思うようになってゆく二人。イタギリで続く殺人事件の真相と、目をそらしたいのに明らかになってしまう真実。惹かれている相手に嫌な部分は見せたくないと願う二人にとってはあまりにも過酷な結末でしたけど、それでも最後まで寄り添いたいと願う二人の気持ちは純粋で美しいものだと思えました。
★50 - コメント(0) - 2016年12月12日

感想・レビュー投稿者

2867冊/858164ページ/男性/販売系

よっちさんの最近の感想・レビュー

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)
大切な姉の死からどこかなげやりに生きていた岡田卓也が、友人に頼まれ「発光病」で入院したままのクラスメ…続きを読む
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアのファースト・フォリオ。栞子さんの祖母や母・智恵子…続きを読む
からかい上手の高木さん 5 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
冒頭の衝撃的なシーンには一体何これ?とビックリさせられましたが、何だかんだかで相変わらず高木さんに振…続きを読む
最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)
世界的な大企業ハルウィンが年収8000万で超能力者をひとり採用する告知を出し、自称超能力者7名が採用…続きを読む
佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫)
高校二年生の春、ひとり暮らしを始めるはずだった弓月恭嗣が、不動産屋の手違いでひとつ年下の帰国子女・佐…続きを読む
最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)
仲間を連れて向かった故郷での懐かしきガスとの再会と、鉄錆山脈へ向かう過程での予期せぬ出会い。そして仲…続きを読む
ログイン新規登録(無料)