きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのよっちさんの感想

世界から見捨てられた人々が集まる混沌の街・イタギリ。そこで生まれ育ち明日の見えない生活を続ける少年・晴史が、道端でスケッチをする儚げな少女・シズクに淡い想いを抱く物語。ふとしたきっかけから言葉を交わし、共に過ごす時間を持つ日々を楽しみに思うようになってゆく二人。イタギリで続く殺人事件の真相と、目をそらしたいのに明らかになってしまう真実。惹かれている相手に嫌な部分は見せたくないと願う二人にとってはあまりにも過酷な結末でしたけど、それでも最後まで寄り添いたいと願う二人の気持ちは純粋で美しいものだと思えました。
★46 - コメント(0) - 2016年12月12日

感想・レビュー投稿者

2750冊/828684ページ/男性/販売系

よっちさんの最近の感想・レビュー

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (ファンタジア文庫)
二学期初日。野球部を辞めた篠山マサキが教室で遭遇したのは、自分の記憶にだけ存在しない少女・風間ハルカ…続きを読む
本バスめぐりん。
定年を迎えて移動図書館、愛称「本バスめぐりん」の新人運転手になったテルさん。図書館司書ウメちゃんの年…続きを読む
やがて恋するヴィヴィ・レイン 2 (ガガガ文庫)
アステルと共にヴィヴィ・レインを探す旅をするルカが旧友ジェミニと再会。そこで悲劇の英雄として領主に対…続きを読む
弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫 や 2-3)
夏休みに入っても日南から特訓漬けにされていた友崎が、リア充グループとともにBBQ(男女お泊り付き)に…続きを読む
逃げるは恥だが役に立つ(3) (KC KISS)
シェアして三角関係?契約結婚の危機?と思いながら読みましたが意外とビジネスライクな感じだったりでちょ…続きを読む
逃げるは恥だが役に立つ(2) (KC KISS)
万事うまく運んでいた平匡とみくりの生活。津崎さんの会社の後輩・風見涼太から「仮面夫婦」の疑いをかけら…続きを読む
ログイン新規登録(無料)