独走のParkeesさんの感想

爆笑問題の太田の妻にして、その所属事務所タイタン社長の著作。朝日新聞などに連載されていたエッセイをまとめたものだ。夫ほどの毒はないものの、その視点は面白い。文章も本人がちゃんと書いていると思われるが、しっかりオチもあってテンポよく、読みやすくて楽しめる。やっぱり頭がいいんだろう。それはそうだ、誰よりも早く、爆笑問題という才能を見出した人なんだから。
★2 - コメント(0) - 2016年12月13日

感想・レビュー投稿者

660冊/148630ページ/男性/44/クリエーター系

Parkeesさんの最近の感想・レビュー

リーダー論 (講談社AKB48新書)
さしこの新書に続いて、たかみなの新書まで読んでしまった。。。40越えたオッさんが、AKBからリーダー…続きを読む
勝利の競馬、仕事の極意 (廣済堂・競馬コレクション)
今をときめく角居調教師、2008年の書。ちょうどウオッカが活躍していたころの一冊だ。サラリーマンの息…続きを読む
東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)
震災から6年が経過したこともあり、あらためて手にする。本書は震災当時の総理大臣である菅直人氏が、震災…続きを読む
天才を作る親たちのルール トップアスリート誕生秘話 (Sports graphic Number books)
『天才は親が作る』から10年。パート2と言える本作だが、自分自身が2歳児の親になったこともあり、大変…続きを読む
中年スーパーマン左江内氏 (てんとう虫コミックススペシャル)
ドラマがやたら面白くて、原作本購入。1970年代に描かれた作品ながら、内容に古さを感じさせないところ…続きを読む
チェーン・スモーキング (新潮文庫)
沢木さんの短編エッセイ集。テーマは都会か。スポーツノンフィクションとは違い、深夜特急と変わらぬ目線ゆ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)