聖なる怠け者の冒険ののらぞーさんの感想

困ってる人を助けるぽんぽこ仮面と究極の怠け者が交錯するちょっとトボけたような物語の中に、所々に目を見開くような格言が散りばめられてるところが森見登美彦さんらしく笑えた。デートコースに吉田山の茂庵は確かにいいからかも。
★8 - コメント(0) - 2016年12月15日

感想・レビュー投稿者

67冊/22644ページ/男性/41

のらぞーさんの最近の感想・レビュー

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)
火星人VS地球人の宇宙戦争が前振りって!?スケールがデカっ。今まで読んだ本で1番ぶっ飛んでたかも&h…続きを読む
偉大なる、しゅららぼん
多多美比古命(伊吹山の神)と、浅井姫命(金糞岳の神)の喧嘩の末にできたと言われる竹生島の伝説から、ち…続きを読む
ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
高野さんの疾風の如き仕事っぷりに脱帽し、自分の行動力の無さを痛感しました。これはもう役人必携のバイブ…続きを読む
ある奴隷少女に起こった出来事
『奴隷は家畜同然の扱いを受けていた。』それくらいとっくの昔から知ってたつもりだったけど、1,861年…続きを読む
老人と海 (光文社古典新訳文庫)
なんだこれは!?ほぼ爺さんの一人舞台で、独り言というか、自問自答というか、呟きみたいなので、話が進ん…続きを読む
凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
凶悪な死刑囚が告白したのは、人の命をお金にかえる悪魔の錬金術師の"先生"。じわり…続きを読む
ログイン新規登録(無料)