探偵の探偵2のaaturnさんの感想

前巻よりも更にハードボイルドが増していて、玲奈の戦闘状態もますます高くなり、ハードな格闘ぶりと凄まじさと感じてしまう。琴葉が登場し、事件と何かしらの関わりがあるが、痛々しさは感じないほどで、玲奈が辛い思いをしていまい、負担が増すとともに、宿命なのだろう。半グレと彼らがそのようになってしまった経緯、DVシェルターとの関連、裏の世界を垣間見たとともに、裏世界に抗う玲奈たちの姿は万能鑑定士とは対極の凄まじさ、ダークな世界、玲奈の不屈の精神をまざまざと感じる。事件が沈静化し、穏やかな日が来るといいと思う。
★62 - コメント(0) - 2016年12月15日

感想・レビュー投稿者

780冊/237272ページ/女性

aaturnさんの最近の感想・レビュー

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
だいぶ前に読んだのを再読。静かな音楽が流れていく中に、男女間の様々な感情が揺れ動き、その世界はただた…続きを読む
モモ (岩波少年文庫(127))
日々実感している時間の使い方について、時間を倹約しなさいというのではなく、効率よく、自分にとって有意…続きを読む
どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)
シリーズ4作目。今作は、音楽科のクラスメートが殺され、岬が死体を発見し、容疑をかけられてしまう。作中…続きを読む
空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
最後は、スカッとした読後感で良かった。最後まで、真相を追い続け、メーカーとの問題、学校のPTAの問題…続きを読む
3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)
今作は、将棋のタイトル戦、零も対戦の荒波に揉まれながら着々と成長し、試合の読みなどを推測しながら対戦…続きを読む
サロメ
19世紀末のロンドンを舞台にした絵画、画家にまつわる謎解きものである。「サロメ」にまつわる様々な感情…続きを読む
ログイン新規登録(無料)