きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにての立風さんの感想

近代かそれより少し昔の時代、世の中のつまはじきものが集まるイタギリと呼ばれる町で、ゴミの回収と死体処理の仕事で日々を生きる晴史が、似顔絵を描きつつ客を引く少女シズクと出会い恋心を募らせていくお話し。彼らが生きる世界が救いようもないくらい残酷さと絶望で彩られているだけに、2人の関係がとても愛しく美しく大切に感じました。君が朽ち果てるまで、そして朽ち果てても君の側で生きよう。ラストで晴史が見せた愛の形は歪んでいるのかもしれないけれど、彼が生きていけるのならばシズクも喜んでくれると思います。
★4 - コメント(0) - 2016年12月21日

感想・レビュー投稿者

114冊/35169ページ/男性/25

立風さんの最近の感想・レビュー

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金12 (ファミ通文庫)
七々々ちゃんはどこまでも七々々 ちゃんでしたね。始まりから終わりまで、彼女は一人で成し遂げようとして…続きを読む
さよなら、サイキック 1.恋と重力のロンド (角川スニーカー文庫)
とても面白かったです。シリーズの導入としては最高かと思います。キャラクターも好感が持てますし、三角関…続きを読む
魔女の旅々 3 (GAノベル)
2巻の感想でイレイナの髪型が好きすぎると語った自分をいきなり呆然とさせる表紙でした。今回も辛辣可愛い…続きを読む
この恋と、その未来。 ―三年目 そして― (ファミ通文庫)
最終巻が無事に発売されたことが嬉しくてたまりません。打ちきりと聞いたときは残念でなりませんでしたから…続きを読む
冴えない彼女の育てかた 11 (ファンタジア文庫)
前々から恵の言葉から零れ落ちる小さな甘い感情が好きだったのですが、今回に関しては零れ出るっていうか溢…続きを読む
やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)
空から女の子が落ちてきて、これからその娘と手に汗握るドキドキでワクワクな物語が始まるかと思いきや、そ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)