エクサスケールの少女のYunemoさんの感想

消化不良のままに。人工知能、万葉集、出雲神話、鉱石、大震災、はては人種差別まで。トリプルミーニング以上に記され右往左往。三橋氏とのコラボから離れて初の単著作品。エクサ=百京、とても信じられない世界に。前半部と唐突な後半部の始まりに違和感も。でも、大元には人の死と安穏な生活への憧れ、この具体化。ゆっくりと非効率な時間を過ごすことの意味、私利私欲から利他の世界へ、表と裏は全く違う顔、でもこの2つを持つのは同じ人、こんな感覚が読み取れて。せっかくだから、10年後の2度目のさくら子首相も登場させて欲しかったかな。
★24 - コメント(0) - 2016年12月23日

感想・レビュー投稿者

1626冊/559470ページ/男性

Yunemoさんの最近の感想・レビュー

優しい悪魔
喫煙者の気持ちの揺れ動きが、リアルに細部にわたって表現されてます。喫煙のための場所確保に、こんなに行…続きを読む
院内刑事 (講談社+α文庫)
大病院でのリスクマネジメントという新たな視点での作品。でも結局は公安警察の延長線上に過ぎないのでは、…続きを読む
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
太宰自家用の『晩年』からシェイクスピアへ。細部にわたるシェイクスピア論、こんなことまでという驚き感。…続きを読む
最強の経営者 小説・樋口廣太郎―アサヒビールを再生させた男
著者最後の企業小説、との謳い文句に?それにしては‼、との想いに。樋口氏、確かにアサヒビールを再生させ…続きを読む
機は熟せり(下): クリフトン年代記 第6部 (新潮文庫)
1978年まで。まずはこの時期、サッチャーの台頭が。第7部以降で、11年間もの長期政権下、保守的かつ…続きを読む
警視庁公安部・青山望 国家簒奪 (文春文庫)
また随分難解な表題を。正統とは言えない支配者による搾取の対象にされることだけは避けなければ。なかなか…続きを読む
ログイン新規登録(無料)