刑事ファビアン・リスク 顔のない男のカピバラもーりーさんの感想

警察小説としての面白さ、捜査の描写や他警察との軋轢などがしっかりとありつつ、事件をどんどん大きくしていき、場面も変えていき、読み進むほどに引き込まれて行く。それと同時に主人公の父親としての面が描かれていたのがよかった。最後の方にある息子とのシーンがあっさりしていて少し物足りなかったけれどそこまではよかった。事件も人物も読み応えがあり最後の最後までどうなるかわからない面白さがあった。決して気持ちのいい終わり方ではないけれど。
★12 - コメント(0) - 2016年12月23日

感想・レビュー投稿者

114冊/44377ページ/男性

カピバラもーりーさんの最近の感想・レビュー

彼女が家に帰るまで (集英社文庫)
1950年代のアメリカ、デトロイト。3人の主婦の視点から主に語られ、それぞれが夫や他人には言えない嘘…続きを読む
感情8号線 (祥伝社文庫)
6人の女性がそれぞれ主人公になる連作集。6人の恋愛や結婚生活のなかでの不安などが描かれている。片想い…続きを読む
今はもうない (講談社文庫)
シリーズ第8弾。冒頭の「意味のないプロローグ」の犀川と萌絵のシーンから引き込まれ、そこからはぐいぐい…続きを読む
ぼくは君を殺さない (ハーパーBOOKS)
シリアルキラーが主人公ということで残酷な描写がないわけではないけれど、文体や主人公の造形はわりと軽め…続きを読む
舞台 (講談社文庫)
主人公のように自分を演じることは誰にだってあるだろうけれど、この主人公は自ら選んだ道の中で勝手に右往…続きを読む
ハンティング 下 (ハーパーBOOKS)
上巻からそうだけど事件の残酷さや捜査の過程がとても濃く描かれていて先へ先へ引っ張られる力が強い。残虐…続きを読む
ログイン新規登録(無料)