きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのbandilさんの感想

日本ホラー小説大賞優秀賞受賞&選考委員綾辻行人氏がボロボロ泣いたという二点が気にかかり購入。綾辻氏絶賛のラストは確かに悲しくも美しい。ホラーというジャンルでないと表現不可能な愛の形だ。いずれ劣らぬ奇抜な登場人物達と美しい文章でぐいぐい引っ張られたが、表現と比例するだけの小説としての重さが感じられなかったように思う。ベテランになってからもう一度リライトされたものを読んでみたいと思う。
★5 - コメント(0) - 2016年12月23日

感想・レビュー投稿者

174冊/47012ページ/男性

bandilさんの最近の感想・レビュー

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
自閉症者の心の内が読める希有な本。有り体に言って定型発達(この表現は嫌いだが現状これ以上の言葉がない…続きを読む
彼岸過迄 (新潮文庫)
漱石後期三部作の一。どこまでプロットを作って書き始めたのか解らないが、短編をより合わせて一つの長編と…続きを読む
ジキル博士とハイド氏 (創元推理文庫)
理性と感情の比喩とも取れる内容と思ったのだが、調べたところによるとモデルとなった人物がいたとのこと。…続きを読む
赦しのカリキュラム (価格改定新版)
難解な「奇跡講座」の解説本。初心に返れる本で、根本的な部分の理解と復習の手助けに有用であった。奇跡講…続きを読む
奇跡の原理
「奇跡講座テキスト編」の第一章セクション1に書かれている「奇跡の原理」の解説書。第一章のセクション1…続きを読む
奇跡講座入門―講話とQ&A
秀逸な概説書。テキスト編が難解なため、この本を読むことで理解が大いに捗る。読み易い文体、適度な頁数、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)