刑事ファビアン・リスク 顔のない男のイエローバードさんの感想

650ページの中に事件がぎっしりつまっていて、途中で本を置く気になれない。北欧ミステリは意地悪で陰惨だから苦手だが、本書は殺しの手口が微に入り細に入りではないのであまり嫌な感じはしなかった。ファビアンはちょっとナルシスト系で好きになれないが、女性刑事たちはドゥニヤをはじめみんないい。これでわかっちゃうの?的な部分や、これで死なないの?的な部分もあるけれど、読み終わって大満足の一冊。おすすめ。
★10 - コメント(0) - 2016年12月24日

感想・レビュー投稿者

50冊/19924ページ/女性

イエローバードさんの最近の感想・レビュー

楽園のカンヴァス
直木賞候補になった、ルソーの最後の絵をめぐるミステリ。美術ミステリは絶対面白いだろうし、著者の前職が…続きを読む
幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)
国産車サーブをこよなく愛し、ルール違反を徹底的に嫌う頑固おやじのオーヴェ。最愛の妻に先立たれ、生きる…続きを読む
ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅
主人公は65歳のハロルド。昔同僚だった女性が余命いくばくもないと知り、1000キロ離れた町へ徒歩で見…続きを読む
戦場のコックたち
ノルマンディー上陸作戦に加わったアメリカ人コック兵のモノローグによる物語。とても日本人が書いたとは思…続きを読む
米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす
アメリカのフードライターが中野のアパートに一カ月滞在して東京を食べ歩いた本。東京を、日本食をこんなに…続きを読む
アメリカ感情旅行 (岩波新書)
半世紀以上前のアメリカ南部地方への旅行記。とにかく文章がうますぎて涙が出た。ビフテキとか、今や死語と…続きを読む
ログイン新規登録(無料)