刑事ファビアン・リスク 顔のない男のダイスケさんの感想

濃厚すぎる一冊でした。 ヘニング・マンケルは一昔前ですが、こちらは2010年台の最新な北欧ミステリー 捜査的な部分も鑑識や検死としての部分もしっかり書き込んであってスウェーデンとデンマークとの両国を巻き込んでの展開がリーダビリティを上げていった。 昨今多い脚本家が小説を書くというので話も中弛みすることなくキャラも立って、尚且つ多視点ながらほとんど混乱すること無くのめり込んでいった。 ラストはもうちょっと犯人とリスクとの語る場面や、意志疎通的なのがあったらなと思ったが…
★12 - コメント(1) - 2016年12月24日
ダイスケ
とある本の雑誌で次作は来年夏刊行と書いてあったのでまた読みます! 次作も期待大ですね!
★2 - 12/25 22:29


感想・レビュー投稿者

317冊/118963ページ/男性/41/事務系

ダイスケさんの最近の感想・レビュー

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV (7))
読書会の為再読 現実的に感じることないような凍てつく寒さ、絶望的な状況 二回目でもやっぱり重くてずっ…続きを読む
動く指 (クリスティー文庫)
毎度おなじみだけど序盤で登場人物の性格を掘り下げるのが上手く、それだけで人間ドラマが描けてて楽しめて…続きを読む
天地雷動 (角川文庫)
日本史好きなら誰もが知ってる長篠の戦い 結果はもちろん知ってるがそこに行き着くまでの過程の知識はほと…続きを読む
満潮〈下〉 (創元推理文庫)
下巻に入り素人探偵ごっこから犯罪捜査者にシフトチェンジしてギアが入りだしてきた。 確かに盛り込み過ぎ…続きを読む
満潮〈上〉 (創元推理文庫)
多視点とちょっと多めの登場人物で話が進んでいくので、読み戻ること何度か… さすが脚本家…続きを読む
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)
下巻入ってもストーリに魅力感じない、キャラの深みもないのでそれぞれの動きに感じるところもないかな い…続きを読む
ログイン新規登録(無料)