きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのフェムトさんの感想

綾辻行人の帯に釣られて購入。ただ、個人的にホラー小説ならではの恋愛観である。ということは理解できたが、泣けはしなかった。 というのも、世界観がそこまで好きになれなかった。まあ、現実でも中国に昔こういう街(違法建築街)があったのは知ってるけど、その設定必要だったか?
★6 - コメント(1) - 2016年12月25日
フェムト
その中国の街というのは「九龍城砦」だな。これをモチーフにしてるのは分かった
- 12/26 03:34


感想・レビュー投稿者

918冊/278207ページ/男性

フェムトさんの最近の感想・レビュー

繰り巫女あやかし夜噺~お憑かれさんです、ごくろうさま~ (マイナビ出版ファン文庫)
不思議な感じ。伝奇モノの雰囲気がよかった。それでいて良い意味でライトなキャラクターが可愛かった。この…続きを読む
サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
いい意味で高二病というのかな?そういう成分を感じられた。主人公のふわふわした感じが心地よかった。続きを読む
大日本サムライガール 6 (星海社FICTIONS)
前半のアメリカ大使館とどうこうするのは少し現実感がなくて微妙に感じた。後半のアイドルアイドルしてる場…続きを読む
俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する (ファミ通文庫)
そこそこ良かった。ただ、物理法則を解明とかやってるわりに、そこまで踏み込んでないなと思った。「結局、…続きを読む
リライト (ハヤカワ文庫JA)
なかなかいい具合に混乱させられた。終わりがしっくりこないが、続刊で何か起きるのかな?続きを読む
この闇と光 (角川文庫)
片方は察したけど、まさかアレとは思わなかったなあ。だが、こういうのにありがちだがそうしての展開が少し…続きを読む
ログイン新規登録(無料)