きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのわらびさんの感想

全てが狂っている。といいたくなるくらいグロテスクでサイコパス的な表現が多かった。しかしながら、坊木さんの持つ力なのか、読んでいても不快に感じないばかりか、終盤の晴史とシズクのささやかな絶望の街での恋愛は心に訴えかけるものがあった。樹戸の正体やシズクがシナズであることはかなり早い段階から分かってしまったが、じゃあ、この先どういうストーリーで話が進んでいくのか、と期待を持たせてくれた。サイコパス恋愛ホラー?
★2 - コメント(0) - 2016年12月28日

感想・レビュー投稿者

201冊/56276ページ/男性/大学生・院生

わらびさんの最近の感想・レビュー

相棒 劇場版4 (小学館文庫 お 25-23)
映画に先取りして読んでしまった。「相棒」シリーズ第4弾。亀山くん、神戸くん、甲斐くん、そして、冠城く…続きを読む
(P[あ]4-11)よろず占い処 陰陽屋狐の子守歌 (ポプラ文庫ピュアフル)
「陰陽屋」シリーズ第9弾。先日読んだ湊かなえさんの「山猫珈琲」のように、私の好きな陰陽師、狐、そして…続きを読む
僕は奇跡しか起こせない (宝島社文庫 『日本ラブストーリー』大賞シリーズ)
人は人知の及ばない、それもプラスの出来事が起きた時、それを「奇跡」と呼ぶ。これはその奇跡を未来を知る…続きを読む
風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
最近好きな作家さんになりつつある森絵都さん。いままで「宇宙のみなしご」や「つきのふね」など少し影のあ…続きを読む
幸せの青い贈りもの (メディアワークス文庫)
「青」にまつわる2つの贈り物のお話。自由を象徴した無限に広がる海を閉じ込めたペンダントと不可能の花言…続きを読む
さがしもの (新潮文庫)
本との付き合い方を考えさせられる本。内容に触れると、本と各お話の主人公との出会い、関わり方、別れが短…続きを読む
ログイン新規登録(無料)