エクサスケールの少女のるぴんさんの感想

献本当選品。不幸な生い立ちを持つ青磁は、5歳のまま成長しない妹の病を治すため、医学を志す。しかし医学の進歩のためには、AIやスパコンの発展が第一だと考え、スパコン研究者に転身。そして彼の前に、謎の美女・千歳が現れる。コンピュータ関係には疎いので、専門用語を調べつつ読み進めたけれど、思ったよりは読みやすかった。ただ、終盤の展開はハリウッド映画のようなど派手さで、違和感を感じたままの流れで終わってしまったのが残念。AI、スパコン、万葉集、不老不死、神話などテーマが多く、詰め込み過ぎ感が否めなかった。
★15 - コメント(0) - 2016年12月29日

感想・レビュー投稿者

1184冊/271802ページ/女性/主婦

るぴんさんの最近の感想・レビュー

北乃杜高校探偵部 (講談社ノベルス)
図書館本。創立100周年を迎える、歴史ある京都の北乃杜高校を舞台にした、仲良し5人の謎解き短編集。う…続きを読む
叫びと祈り (創元推理文庫)
砂漠を行くキャラバン、スペインの白い風車、凍れるロシアの修道院、少数民族が住むアマゾン。世界を旅する…続きを読む
シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱 (ハヤカワ文庫JA)
シャーロック・ホームズのパスティーシュ。舞台はロンドンオリンピック直後の現代。しかもホームズもワトソ…続きを読む
床下仙人 (祥伝社文庫)
図書館本。原宏一さん初読み。タイトルに惹かれて借りた1冊。ブラックユーモアの効いた短編全て面白かった…続きを読む
世界がもし100人の村だったら 4 子ども編
図書館本。世界の約半数以上の子どもが、生まれたことになっていない、存在しない子どもであるという事実に…続きを読む
世界がもし100人の村だったら
図書館本。言わずと知れたベストセラー本を、今さらながら読んでみた。なるほど、元は一通のEメールだった…続きを読む
ログイン新規登録(無料)