きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのりんご色猫さんの感想

ホラー小説。このリアリティが良い。普段ホラー小説は読まないんだけど……。――荒廃しきった不法地帯『イタギリ』で起きる殺人事件を中心にした物語。ほぼ不法地帯なんていう常識外な世界観を良い感じなリアリティで書いてるなーと思ったり。不幸一片倒しって感じだけど、それこそがホラー小説らしい風味なんだろうね。次があれば気になるだろうし、最後まで飽きさせず読ませてくれた。そこそこ満足と、読了。
★8 - コメント(0) - 2016年12月30日

感想・レビュー投稿者

1218冊/374385ページ/20

りんご色猫さんの最近の感想・レビュー

僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
うーむ。良い話でした。平行世界を舞台にした物語。ひとりの少年を主人公として、生まれから老後までをじっ…続きを読む
わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)
——正しく手助けする魔術士。現代ファンタジー。舞台はほとんどの人が魔術を使え…続きを読む
このセカイで私だけが歌ってる (電撃文庫)
世紀末系。ゾンビ沢山。悪くはないけど、普通。続きを読む
ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)
音楽家の話。音楽家要素の入る場面は良かった。でも、女性向けならでは味がちょっと苦手。イケメンとのラブ…続きを読む
ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)
なかなか良かった。ここ最近、良い風が吹き始めた感じがして良い気持ちの読了感。アニメ化上手くいって欲し…続きを読む
死んでも死んでも死んでも死んでも忘れないと彼女は泣いた (ダッシュエックス文庫)
うん、普通に1冊目読まずに2冊目を読んでしまった。——タイムリープ系に近いっ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)