悪意のMihoさんの感想

再読なのに少しも覚えていなかった。あっさり犯人認めたなと思ったけど今回は動機がテーマだったのか。本当の動機が気になってめくる手が止まらなかった。殺人のために用意周到に動機を準備するなんて!今まで読んだことないパターンで似たような作品を他の作家が出したら完全にパクリだとばれてしまうような作品。本当の動機はいまいちだが読ませる筆力は素晴らしい。
★12 - コメント(0) - 2016年12月31日

感想・レビュー投稿者

171冊/67518ページ/女性

Mihoさんの最近の感想・レビュー

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)
そっかーこういうパターンもあるのかーという感想。まさかのまさか誰も殺されてないなんてー。新しい発想だ…続きを読む
怪しい人びと (光文社文庫)
寝ていた女 恋人と会うために自分の部屋をかすという設定が面白かった。 もう一度コールしてくれと死んだ…続きを読む
家日和 (集英社文庫)
今までの奥田作品では一番良かった。ほのぼのしていた。またこんな小説読みたい。続きを読む
眠りの森 (講談社文庫)
加賀シリーズ読んだ。最初に殺された人から単純な殺人ではなかったのがびっくりした。 結局登場人物ほとん…続きを読む
嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
まぁまぁかな。まだまだいい短編集あるはず。でもその辺の小説よりはクオリティ高いのは、間違いない。続きを読む
さよなら渓谷 (新潮文庫)
意外性もなく面白くもなく…。とにかくぱっとしなかった。残念。続きを読む
ログイン新規登録(無料)