悪意のMihoさんの感想

再読なのに少しも覚えていなかった。あっさり犯人認めたなと思ったけど今回は動機がテーマだったのか。本当の動機が気になってめくる手が止まらなかった。殺人のために用意周到に動機を準備するなんて!今まで読んだことないパターンで似たような作品を他の作家が出したら完全にパクリだとばれてしまうような作品。本当の動機はいまいちだが読ませる筆力は素晴らしい。
★14 - コメント(0) - 2016年12月31日

感想・レビュー投稿者

186冊/72836ページ/68レビュー/女性

Mihoさんの最近の感想・レビュー

鍵のない夢を見る
直木賞作品。辻村深月の短編は初めて。それぞれ辻村ワールドでていた。どれも夢中になって読めた。続きを読む
あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)
初エッセイ。面白い話とそうでもない話があった。読書は小さい頃しなかったんだなぁー。続きを読む
あまからカルテット (文春文庫)
アラサー四人の友情物語。ちょっとミステリー風になっている。 皆名前に子がつくし、キャラもなんとなくは…続きを読む
隠蔽捜査 (新潮文庫)
警察小説は初めて読んだ。内容は可もなく不可もなく。まだまだシリーズ物あるみたいだがとりあえずはいいか…続きを読む
森に眠る魚 (双葉文庫)
最初仲が良かったママ友だがいろんな嫉妬などが重なり合い仲違いしてしまう話。 子ども3人いてママ友なん…続きを読む
流星の絆 (講談社文庫)
再読だけど全然覚えていなかったがすごく良かった!本物の犯人は意外すぎた! 3人兄妹の絆は堅くてうちの…続きを読む
ログイン新規登録(無料)