刑事ファビアン・リスク 顔のない男のもりおさんの感想

面白かったです。北欧ミステリって、かなり力技ですね(笑)脚本家の名の通り、ドラマとか映画化したら結構うけるんじゃないかなー。二十世紀少年思い出した人いるんじゃないですかね。私とか。
★4 - コメント(0) - 2016年12月30日

感想・レビュー投稿者

14冊/6123ページ/14レビュー

もりおさんの最近の感想・レビュー

殺戮にいたる病 (講談社文庫)
これは騙されましたねえ。まああんまり推理する方じゃないんですけど、ただ、最初の「~先生の授業」の言い…続きを読む
点と線 (新潮文庫)
主人公連に嫌味がないのがいいですね、今の作品とは違って爽やかです(笑) とりあえず「飛行機あるなら、…続きを読む
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
面白い!叙述トリックは初めて読みましたが唸りました。 しかし、名前を引き継ぐ設定って必要だったのかな…続きを読む
ハサミ男 (講談社文庫)
事情聴取のシーンは少し叙述トリックを雑に乱用している気がしないでもないですが、総じて面白かったです。…続きを読む
太宰治全集〈7〉 (ちくま文庫)
何を於いてもこの巻は津軽。東京から津軽に行く序盤、旧交を温める?中盤、そしてラスト。完璧すぎるほど爽…続きを読む
太宰治全集〈6〉 (ちくま文庫)
「散華」:これは太宰のメランコリックの象徴とも言える作品。国語の教科書に載せてほしい。要はみんな読ん…続きを読む
ログイン新規登録(無料)