灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよのレイニさんの感想

アニメが本当に素晴らしい出来だったので、前々から読みたいと思っていたがついに読み始めることが出来た。現在既に9巻まで読み終えて書いてしまっているので、グリムガル全体の感想を述べるが、この作品に出会えて本当に良かった、そう切に思う。この作品は地に足ついたファンタジーというか、等身大のキャラクターが必死に戦って、楽しんで、苦しんで、悲しんで、恋をして、生きている。剣を握って戦い続けることがこんなに恐ろしく感じるファンタジー小説もそうないだろう。まさに、私が今読みたかった正統派ファンタジーライトノベルだ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月31日

感想・レビュー投稿者

190冊/61413ページ/男性/22

レイニさんの最近の感想・レビュー

灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ (オーバーラップ文庫)
ここらへんからライトノベル色が強くなっていくのだが、一巻より読み続けてきた今、「まあ、義勇兵だし」「…続きを読む
灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち (オーバーラップ文庫)
九巻まで読み終えた上での感想となるが、本冊は特に義勇兵らしい生活を描いた一冊となった。後半は。前半は…続きを読む
灰と幻想のグリムガル level.3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても (オーバーラップ文庫)
魅力的なキャラクターの登場、そして呆気無い退場。衝撃的なラスト。こういうもんだよね、義勇兵生活。勿論…続きを読む
灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)
デッドスポット討伐で、アニメ分終わり。こうして読んでみると、つくづくアニメは良くまとめられていた。ア…続きを読む
ゲーム界のトップに立った天才プログラマー 岩田聡の原点: 高校同期生26人の証言
元任天堂社長・岩田聡の学生時代に焦点をあてた一冊。自作ゲームを授業中にクラスメートに遊ばせていたエピ…続きを読む
夜行
冒頭から場面が私の良く親しんだ出町柳の叡電改札前で始まり、また森見にしてはやたらと純文学的な文章であ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)