バーナード嬢曰く。 3巻の秋 眉雄さんの感想

2017年最初の読了本。「・・・ゴジラ論を語りたいんじゃなくて、一緒に『シン・ゴジラ』の話で盛り上がりたいだけなんだけど・・・」1巻目が目から鱗的、2巻目が破壊力抜群とすれば、安定感の際立つ3巻目でありました。ズシリとくる言葉とあちこちで出くわす相変わらずの一冊でもあります。アニメも観始めてしまって、なんだかイイ正月です。
★24 - コメント(0) - 1月1日

感想・レビュー投稿者

203冊/63889ページ/男性

秋 眉雄さんの最近の感想・レビュー

アフガニスタンの風
レッシングをこの本に向かわせた動機は怒りだろう。或いは憤りか。ソ連・アメリカ・イギリスといった大国そ…続きを読む
PATAGONIA―野村哲也写真集
ある一枚の写真の中には春夏秋冬すべてがあり、またある写真には季節というもので語ることの出来ない季節が…続きを読む
サイクリング・ブルース
キヨシローがあの世へ行って最初にしたことは、ギターを弾くことじゃなくて、自転車に乗ることだったろうね…続きを読む
ニュークリア・エイジ (文春文庫)
詩と核戦争。ボビと爆弾。当時をくぐり抜けたアメリカ人にしか書きえない話。大きな声では言えないですが、…続きを読む
おこりんぼさびしんぼ (廣済堂文庫)
若山富三郎、勝新太郎、山城新伍、本物の役者・芸人、昭和。そんなところのどこかに少しでも心に引っかかる…続きを読む
ジャンプ 他十一篇 (岩波文庫)
「どんな夢を見ていたんだい?」全12篇。どの話もピンと張り詰めていて、絶対にそれを弛めないという強い…続きを読む
ログイン新規登録(無料)