バーナード嬢曰く。 3巻の秋 眉雄さんの感想

2017年最初の読了本。「・・・ゴジラ論を語りたいんじゃなくて、一緒に『シン・ゴジラ』の話で盛り上がりたいだけなんだけど・・・」1巻目が目から鱗的、2巻目が破壊力抜群とすれば、安定感の際立つ3巻目でありました。ズシリとくる言葉とあちこちで出くわす相変わらずの一冊でもあります。アニメも観始めてしまって、なんだかイイ正月です。
★25 - コメント(0) - 1月1日

感想・レビュー投稿者

209冊/65503ページ/141レビュー/男性

秋 眉雄さんの最近の感想・レビュー

死の床に横たわりて (講談社文芸文庫)
「いったい何じゃってまた、こんなもの、くっつけたんじゃ?」誰かいると思ったらハゲタカ。そんな文字通り…続きを読む
金狼の遺言 ―完全版― (G SPIRITS BOOK)
昨今は、例えばお笑い等もそうなんですが、観るもの観るものお前らプレゼンしてんのか?って感じることが多…続きを読む
悪の法則
『おれにわかるのはあんたが自分のした間違いを何とかしようとしている世界はあんたが間違いをしてしまった…続きを読む
ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)
『今にわかる』すでに世界は荒廃の極みにあり、すでに冬が目前の季節であり、すでに二人きりで南へ向かって…続きを読む
灰色の輝ける贈り物 (新潮クレスト・ブックス)
『僕はこのときはじめて、大人になることのむずかしさを理解しはじめた。』僕のような初老のファザコン男を…続きを読む
最貧困女子 (幻冬舎新書)
自己が形作られる以前の問題。そこに責任などありようがない。自己責任という言葉があまりに暴力的に響く。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)