バーナード嬢曰く。 3巻の秋 眉雄さんの感想

2017年最初の読了本。「・・・ゴジラ論を語りたいんじゃなくて、一緒に『シン・ゴジラ』の話で盛り上がりたいだけなんだけど・・・」1巻目が目から鱗的、2巻目が破壊力抜群とすれば、安定感の際立つ3巻目でありました。ズシリとくる言葉とあちこちで出くわす相変わらずの一冊でもあります。アニメも観始めてしまって、なんだかイイ正月です。
★23 - コメント(0) - 1月1日

感想・レビュー投稿者

193冊/61578ページ/男性

秋 眉雄さんの最近の感想・レビュー

本当の戦争の話をしよう (文春文庫)
『そしてある朝、メアリ・アンは山の中に入っていったきり、もう二度と戻ってこなかった。』ストーリーの持…続きを読む
増補新版 淀川長治 ---カムバック、映画の語り部 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)
淀川さん、荻さん、水野さん、高島さん。映画に興味を持ち出した年ごろの僕に、テレビの映画番組はとても大…続きを読む
BRUTUS(ブルータス) 2017年 1/1・1/15合併号[危険な読書]
正月。なんか凄く眠い。そんなわけで雑誌をパラパラッと飛ばし読みです。「バチカンが聖書の写本一冊持って…続きを読む
バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)
「見栄とか関係なく、好きなモノを純粋に好きって言えるのは素晴らしいな・・・」2016年最後の一冊。も…続きを読む
人間喜劇 (ベスト版 文学のおくりもの)
「きみは自分自身に対して感謝するんだよ。うん、きみ自身にね。ありがたいと思うんだ。」素晴らしかった。…続きを読む
イスラム飲酒紀行 (講談社文庫)
『あまりの美しさに息を飲みつつ、思った。ここで一杯やれたらな・・・』断酒1600日記念読書。僕も酒を…続きを読む
ログイン新規登録(無料)