ハリネズミ乙女、はじめての恋の弱虫ランナーさんの感想

読書メーターからの献本。自分自身をコントロールする事は、簡単なようですごく難しいと思う。白いハリネズミと出会い、鈍臭い少女が少しずつ周りを明るく照らしながら成長していく。やがて、白いハリネズミの白ハリくんと芸人になり、多くの人に笑顔をもたらす仕事を選ぶ。見えていないことに気が付き、家族や職場の仲間、白ハリくんに助けられながら、周りの愛に触れていく。一人だと思っていても誰かが寄り添っていてくれている。自分のことは自分が一番分かっているなんて驕りで、誰かに頼りながらでも懸命に生きることの方が大切だと思った。
★15 - コメント(0) - 1月2日

感想・レビュー投稿者

162冊/42227ページ/男性/32

弱虫ランナーさんの最近の感想・レビュー

接客の一流、二流、三流 (アスカビジネス)
『思いやり』『気付き』『臨機応変』が大切で、気を長くもち相手に合わせつつも、自分らしさを忘れないよう…続きを読む
私の命はあなたの命より軽い
子どもがどこまで考えて行動するのか、親がどこまで子どもの責任を取るのか、正解はない問題なだけに結論を…続きを読む
カツラ美容室別室
エリと淳之介が付き合いそうで付き合わないもどかしさがあった。でも、その時々での決断で違った結果が出た…続きを読む
にじいろガーデン
家族ってなんだろう?また、家族のなかでの役割ってなんだろう?同性愛者が駆け落ちをしマチュピチュ村で生…続きを読む
シフォン・リボン・シフォン
寂れていく田舎町の商店街。その商店街にある書店が閉店し、そこにランジェリーショップがオープンする。下…続きを読む
浮世でランチ
周囲に溶け込む事が得意でない丸山君枝。周りに溶け込む必要性って?自分が強くあればブレずに生きていける…続きを読む
ログイン新規登録(無料)