手のひらの京の聖月さんの感想

京=みやこ。そう京都の三姉妹のお話。手のひらのようなその盆地に馴染み、そこにいい意味で捉われる。京都には一度行って、特に京都ファンではない私からすれば、京都の入門書でもあります。いけずという言葉は知っていても、その深い意味、適切な場面というのを、こうやって丁寧に説明されたら理解します。ただ、読んでいて思うのは、京都は地縛の土地柄なんでしょう。戦争とは違う戦があり、合戦があり、江戸が開ける前から栄えた地。大阪商人とは、まったく違った文化。その中での三姉妹。はんなりとしたした中に、強かさも感じる両親と三姉妹。
★17 - コメント(0) - 1月3日

感想・レビュー投稿者

1556冊/512998ページ

聖月さんの最近の感想・レビュー

半席
このミスになんでこの作家がランクイン?と思ったけれど、間違いなくミステリー、それも極上の。空が晴れ上…続きを読む
一流アスリートの食事
物語としてはチクハグ。結局、何が錦織を強くしているのか、高梨の勝負メシとは何なのかわからない。炭水化…続きを読む
浮遊霊ブラジル
いやあ愉快。最初の二編は、長編の出だし風。三編目は、まあ短編。次の「地獄」から奇想が爆発、実に愉快な…続きを読む
煽動者
ふむ、騙して、騙されたふりをして、相手を読み、相手の読みを読み、なんてのが、この作家の繰り出す巧さな…続きを読む
落花生
ちょい、理屈系が強すぎるエッセイ。そんな中にも真実はあって、お洒落は引き算、ロリータは足し算だからむ…続きを読む
珍妙な峠
久々に町田康、最後までお付き合いできました。最初は退屈で今回も駄目かなと思っていたのですが、その展開…続きを読む
ログイン新規登録(無料)