きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのえながさんの感想

献本に当選しました。読み始めからどうホラーな感じになっていくのか想像がつきませんでしたが。。。。中盤からのえぐい展開に結末が恐ろしくなりました。たしかにホラーです。イタギリという街に生まれそして暮らし朽ち果てる。明日は今日と同じ事のくり返しの様でまるで地獄のよう。少年は体に少女を取り込み朽ち果てるまで一緒にいたかったのね。「最後10ページで号泣必至」とありましたが私にはこの本を読み解く感性が無いのでそこまでには至りませんでした。でも心に残る本でした。
★19 - コメント(0) - 1月2日

感想・レビュー投稿者

98冊/28759ページ/91レビュー/女性

えながさんの最近の感想・レビュー

食堂つばめ (ハルキ文庫 や 10-1)
死にたくなかったのにあの世に逝ってしまったノエさんの現世への思いが切なかった。ノエさんレシピのジンジ…続きを読む
落語百選 冬 (ちくま文庫)
落語のはなしには、そんなこと無いだろう!という話から人情話までありで飽きませんね。中にはさげの意味が…続きを読む
家守綺譚
これは私の大好きな世界。このまったりした感じが心地よい。この本の中に飛び込みたい。私だったら、目の前…続きを読む
狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ
二人の息子である伸三さんの言葉に「あの二人は、知力も体力もある二人が総力戦をやっていたような夫婦だっ…続きを読む
涙香迷宮
こんなにも何もかもがよく分からなかった本は初めてでしたので、途中で止めようかとまた思ってしまいました…続きを読む
家裁調査官は見た ―家族のしがらみ― (新潮新書)
「柵とは本来、水流をせき止めるために、川の中に杭を打ち並べて、それに木の枝や竹などを横に結びつけたも…続きを読む
ログイン新規登録(無料)