悪意のゆずころんさんの感想

一体いつになったら本当のことを言ってくれるのだろうと思いながら、手記を疑いながら読んでしまった。不倫さえもしていないなんて。まぁ、裏切られる前提で読んでしまったから、そこまでなぜか驚けなかったです。イジメやだなぁ。
★19 - コメント(0) - 1月3日

感想・レビュー投稿者

149冊/45533ページ/女性/事務系

ゆずころんさんの最近の感想・レビュー

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
ダイアナ(大穴)と彩子ちゃん。再会するまでが長かった。お互いにお母さんには会っているのに。お互いが憧…続きを読む
嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
短篇集。朝の通勤時間にぐいぐい読むと、もう降りる駅に到着してしまいます。第二の希望はちょっとないな。…続きを読む
スコーレNo.4 (光文社文庫)
この本、なんと10年前に書かれていたのですね。全然そんな感じがせず、むしろ今の時代に読めて良かった。…続きを読む
風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
短篇集で直木賞。確かに短いながらもきっちりしっかりと収まっています。ジェネレーションX、表題作が良か…続きを読む
モンスター (幻冬舎文庫)
面白かった。この本読んでたら、綺麗な人はもしかして?と言う思いで芸能人の顔を見たりするようになってし…続きを読む
漁師の愛人 (文春文庫)
短編集なのに、1つ1つがしっかりとぐさっとくる。続きが気になるわけではなく、しっかりと完結しているの…続きを読む
ログイン新規登録(無料)