悪意のゆずころんさんの感想

一体いつになったら本当のことを言ってくれるのだろうと思いながら、手記を疑いながら読んでしまった。不倫さえもしていないなんて。まぁ、裏切られる前提で読んでしまったから、そこまでなぜか驚けなかったです。イジメやだなぁ。
★19 - コメント(0) - 1月3日

感想・レビュー投稿者

153冊/46833ページ/女性/事務系

ゆずころんさんの最近の感想・レビュー

神さまたちの遊ぶ庭
なんて素晴らしい本だったのでしょう。思い出しても涙が出てしまう。神様達の遊ぶ庭が本当にあるんだな。な…続きを読む
この部屋で君と (新潮文庫nex)
部屋をテーマにした短編集。色んな部屋への思いがあるんだな。それぞれ楽しかったです。三上延さん初読みで…続きを読む
ドミノ (文芸シリーズ)
沢山の登場人物がいますが、しっかり絡まり面白かったです。こんなに登場人物が多いのに、1人ひとり個性が…続きを読む
幹事のアッコちゃん
アッコさん、相変わらず格好良く決めて頂きました。サクサクッと読めてしまい、大切なことを教えてくれまし…続きを読む
本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
ダイアナ(大穴)と彩子ちゃん。再会するまでが長かった。お互いにお母さんには会っているのに。お互いが憧…続きを読む
嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
短篇集。朝の通勤時間にぐいぐい読むと、もう降りる駅に到着してしまいます。第二の希望はちょっとないな。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)