悪意のゆずころんさんの感想

一体いつになったら本当のことを言ってくれるのだろうと思いながら、手記を疑いながら読んでしまった。不倫さえもしていないなんて。まぁ、裏切られる前提で読んでしまったから、そこまでなぜか驚けなかったです。イジメやだなぁ。
★15 - コメント(0) - 1月3日

感想・レビュー投稿者

145冊/44367ページ/女性/事務系

ゆずころんさんの最近の感想・レビュー

モンスター (幻冬舎文庫)
面白かった。この本読んでたら、綺麗な人はもしかして?と言う思いで芸能人の顔を見たりするようになってし…続きを読む
漁師の愛人 (文春文庫)
短編集なのに、1つ1つがしっかりとぐさっとくる。続きが気になるわけではなく、しっかりと完結しているの…続きを読む
贖罪 (双葉文庫)
恐らく今年最後であろう読んだ本がこの作品で良いのか謎ですが、最後まで本当にぐいぐい読めました。完全な…続きを読む
とける、とろける (新潮文庫)
これから!って言うところで終わってしまうのがとても残念。短編集だからしょうがないのでしょうが、モヤモ…続きを読む
([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)
だいぶ前に映画になって観た記憶が蘇ってきました。映画だと少しわかりづらかった場面も、小説だとスイスイ…続きを読む
往復書簡 (幻冬舎文庫)
先が気になりすぎてぐいぐい読みました。2作目はなんと吉永小百合さん主演の映画になったことに後書きでや…続きを読む
ログイン新規登録(無料)