きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにての月白さんの感想

第23回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作(大賞は該当作無し)。架空の無法地帯「イタギリ」でゴミ収集の仕事をする少年と似顔絵描きで娼婦の少女の淡い恋の話、だけどホラーなのでグロい。『ラスト10ページで号泣必至!』という宣伝文句だったけれど全く泣けなかった。残念。
★5 - コメント(0) - 1月4日

感想・レビュー投稿者

222冊/63459ページ/女性

月白さんの最近の感想・レビュー

ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)
ぶたぶたシリーズ20作目。シリーズに出てきた「ぶたぶた飲食店」各店舗のスピンオフ短編集。前のを読まな…続きを読む
十二人の死にたい子どもたち
十二人の自殺志願の少年少女たちが、廃病院の一室で死のうと集まった。しかしそこには13人目の誰かがすで…続きを読む
文藝モンスター (河出文庫)
説明がつかないことや辻褄が合わないことに恐怖して失神してしまうホラー作家が殺人事件の解決に挑むユーモ…続きを読む
キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)
キノの旅第20巻。自由恋愛の「拘らない国」子供は血縁者たちで育てるってなってるけど女性側だけ?血縁者…続きを読む
からくり探偵・百栗柿三郎 (実業之日本社文庫)
「よろず発明承り」ついでに探偵も承る桃栗柿三郎の推理譚。時代も良いし推理もちゃんとしていて楽しく読め…続きを読む
週末探偵
週末だけ開業する探偵事務所の話。なんというか呑気な感じだし、ちゃんとした仕事と言ってはいるけど暇つぶ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)