探偵の探偵2のRyujiさんの感想

★★★★★シリーズ二作目。単体でも話は完結しますが、大元の話は一作目から続いているし、更に三作目へと繋がります(というか三作目が本当の結末なのでしょう)。松岡さんの作品はQシリーズやαシリーズにすっかり慣れ切っていたので、まさか本作で人が死ぬとは思いませんでした。DVだとかストーカーだとか現代社会の問題点をよく見ている本だと思う。
★15 - コメント(0) - 1月4日

感想・レビュー投稿者

1279冊/434724ページ/1269レビュー/男性/役員・管理職

Ryujiさんの最近の感想・レビュー

風魔外伝
★★★★☆風魔小太郎と小太郎に関わった人達の短編集(連作短編)。最初の『魔王の風』がとても面白かった…続きを読む
ニッポン見聞録
★★★★☆フィクション仕立てで架空の夫婦の旅行記ですが、実際には著者(清水義範さん)夫妻ノンフィクシ…続きを読む
新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
★★★★☆ジャーナリスト・池上彰氏と元外務官僚・佐藤優氏の対談形式で主に「中東・ヨーロッパ」「朝鮮半…続きを読む
相棒season13(上) (朝日文庫)
★★★★★☆久しぶりに『相棒』を読みました。「ファントム・アサシン」ロシアのスパイに情報を売った人間…続きを読む
大転換 - 脱成長社会へ (中公文庫)
★★★☆☆2009年に書かれた本で、2008年に起きた世界金融危機(リーマンショック)は何故起きたの…続きを読む
真田合戦記: 京洛の妻問 (徳間文庫 は 41-6 徳間時代小説文庫)
★★★★☆シリーズ六巻目。第四次川中島合戦で典厩・信繁や山本勘助を失った信玄の失意から始まる。第四次…続きを読む
ログイン新規登録(無料)