感傷コンパスのarisa-to suzuneさんの感想

温かい気持ちになった。新任教師の明子。子供たちとの交流で色々な発見をする。もちろん問題も起こる。突飛な行動をとる朱根の事情が分からない。粘り強く向き合い朱根の心を開いていく。明子は小さい頃の自分を思い出したからこそ放っておけなかったのかも知れない。朱根が傷付き一生懸命生きていると知った時は、切なくなった。プール帰りの描写が好きで明子が子供たちを抱きしめ、明子の温かさと子供たちの純粋さに心打たれた。明子が朱根にコンパスを渡す描写は、成長した明子の姿があり、朱根にもそうあって欲しいと願ったのではと感じた。
★14 - コメント(0) - 1月4日

感想・レビュー投稿者

121冊/36256ページ/女性

arisa-to suzuneさんの最近の感想・レビュー

ある小さなスズメの記録 人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯 (文春文庫)
キップス夫人とスズメ(彼)のクラレンスが暮らした12年間の実録。第二次世界大戦下のイギリス。こんなに…続きを読む
うつくしい人 (幻冬舎文庫)
人間くさい。主人公は人の目を気にし、姉と比べ、色々な事から自分の居場所を作ることを学ぶが、それに納得…続きを読む
海 (新潮文庫)
素敵な短編集でした。心温まる感じと不思議な世界が織り交ざっていました。ほのぼのしすぎず、決して押し付…続きを読む
りかさん (新潮文庫)
心が温まりました。主人公は祖母に「リカちゃん」が欲しいと伝える。祖母は黒髪の市松人形の「りかさん」を…続きを読む
蜜蜂と遠雷
素敵な物語でした。第6回芳ヶ江国際ピアノコンクールのエントリーから始まる。読んでいて緊張する場面もあ…続きを読む
博士の愛した数式 (新潮文庫)
何度も読み返したくなる物語。記憶が80分しかもたない博士と家政婦とその息子(ルート君)の交流を描いて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)