刑事ファビアン・リスク 顔のない男のバネさんの感想

漸く読了。以前ハマッた「ドラゴンタトゥーの女」に、似て非なる感じだった。スウェーデン、デンマークという綺麗な国で、こんな陰惨な事件が起こっているというそのギャップある設定が、興味深かった。コレも、映画化されるんだろうなぁ。。(トムハンクスとか出そう)
★5 - コメント(0) - 1月5日

感想・レビュー投稿者

57冊/20192ページ/56レビュー/男性/営業・企画系

バネさんの最近の感想・レビュー

乱反射 (朝日文庫)
重い。そしてこの重さは、自分が認めたくない現実を、これでもかと目の前に晒されている事の重さである。読…続きを読む
波形の声 (徳間文庫)
表題の「波形の声」以外は、所謂 良い話であった。私的には、もう少し「波形の声」のようなうすら寒いとい…続きを読む
銀婚式 (新潮文庫)
最初は、主人公高澤のエリートなプライドにヤな感じを覚え、中年特有の「未だいけるんぢゃないか」という哀…続きを読む
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
よく書いているコトかもしれないが、まるでSF映画を観終わった後のような余韻が残った。若干ラストの納め…続きを読む
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
やるせない。読了後、感じたコトを一言で表現するとしたら、コレに尽きる。日本の国家権力である警察や検察…続きを読む
イヤミス短篇集 (講談社文庫)
全くどうしたら、こんな気分悪い作品が書けるんだろう?特に「小田原市ランタン町の惨劇」「ネイルアート」…続きを読む
ログイン新規登録(無料)