鬼の蔵 よろず建物因縁帳のsinさんの感想

sin
読み友:)が★五つ付けておられたので手に取った。怖さを欲張るホラーというより因縁話で、それを見つけ出していかに解決していくかというところに主眼が置かれているのが良い塩梅だ。関わってしまう主人公はどうやらその筋のケがあるらしいので無理なく新しい話を繋げられそうでシリーズものには持って来いな設定も良い。なによりホラーなのに自然に涙を浮かべてしまったこの物語は次作におおいに期待が持てます。初夏シリーズ其の二『首洗い滝』待ち遠しい限り…。
★99 - コメント(0) - 1月5日

感想・レビュー投稿者

sin
1218冊/330097ページ/男性/59

sinさんの最近の感想・レビュー

七つの大罪(25) (講談社コミックス)
過去に遡ってのこの展開はなにやら物語を纏めにかかったきらいはあるが、登場した女神族の存在が目先をかえ…続きを読む
書店猫ハムレットの跳躍 (創元推理文庫)
わかりやすく怪しい登場人物や、現実的ではあるもののそれじゃ話として面白味がない容疑者の検挙の後の、ク…続きを読む
赤猫異聞 (新潮文庫)
まるで実況中継のように大火の際の解き放ちの成り行きを語る同心を導入に…世の下衆な男たち…続きを読む
助手席のチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (創元推理文庫)
動物が主人公の推理モノは往々にして、人間の気付かない真相に先にたどり着いて、お馬鹿な人間を導いてあげ…続きを読む
鳥の物語 (岩波文庫 緑 51-2)
正しくは鳥の語る物語だろうか?我が身自由を誇る鳥たちが、権威にかしずく様は嘆息だが、自由民だと自覚す…続きを読む
ウルトラ怪獣幻画館 (ちくま文庫)
ジ~ンとしちゃいました。ああ、つくづくウルトラ世代なんだわ(笑)。文庫本なのにぎっしりと、しかもカラ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)