鬼の蔵 よろず建物因縁帳のsinさんの感想

sin
読み友:)が★五つ付けておられたので手に取った。怖さを欲張るホラーというより因縁話で、それを見つけ出していかに解決していくかというところに主眼が置かれているのが良い塩梅だ。関わってしまう主人公はどうやらその筋のケがあるらしいので無理なく新しい話を繋げられそうでシリーズものには持って来いな設定も良い。なによりホラーなのに自然に涙を浮かべてしまったこの物語は次作におおいに期待が持てます。初夏シリーズ其の二『首洗い滝』待ち遠しい限り…。
★96 - コメント(0) - 1月5日

感想・レビュー投稿者

sin
1202冊/325635ページ/1202レビュー/男性/59

sinさんの最近の感想・レビュー

福家警部補の報告 (創元推理文庫)
猫みたいに…気がつけばひょこり側にいる。飄々として頓珍漢、彼女の特技は情報収集、その眼…続きを読む
もう年はとれない (創元推理文庫)
主人公は80代後半の元殺人課の刑事、長年連れ添った女房と孫以外には終始敵対的で噛みついてばかり、ひょ…続きを読む
福家警部補の再訪 (創元推理文庫)
前作の感想は解説を読む前だったので「ああ、コロンボ…」と一蹴…云々と、頓…続きを読む
福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
自分達ぐらいの歳の人間なら「ああ、コロンボ…」と一蹴してしまうのではないだろうか?しか…続きを読む
大江戸猫三昧: 時代小説アンソロジー 〈新装版〉 (徳間文庫)
まさにお江戸の猫三昧(ΦωΦ)全体を通して編者の趣味の良さを感じさせるバ…続きを読む
それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)
「終わってしまったーっ」でも作者は本当に几帳面な方のようで、いくつか残っていた課題のひとつひとつを拾…続きを読む
ログイン新規登録(無料)