最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツのヒトコさんの感想

前半は社員旅行と称する京都への旅。ロイドも人間の姿で同行出来て楽しそうだったが、夏神さんの不安、イガ君の違和感、何かが変化しそうな気配。そして今回のお客様(?)は、イガ君が後輩の助っ人バイトの遺品整理で出会ってしまった霊。何だかさみしい展開なのかと思ったけれど、この黒猫さんのおかげでほっとできるお話だった。
★13 - コメント(0) - 1月6日

感想・レビュー投稿者

2260冊/415477ページ/673レビュー/女性/主婦

ヒトコさんの最近の感想・レビュー

丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2 (朝日新書)
民主主義とは何なのか。今、世界的なレベルでそれが問われている。このシステムが現在のベストなのだろうと…続きを読む
昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)
再読。若い時、兄弟弟子でありライバルであり友でもあった助六と、自分との関係の腹いせの様に助六と一緒に…続きを読む
昭和元禄落語心中(9) (KCx)
再読。結末を知ってからあらためて読み返すと、それぞれの場での登場人物たちの思いがより深く感じられる。…続きを読む
昭和元禄落語心中(8) (KCx)
何とか回復に向かった八雲師匠だけれど、すっかり気弱になってしまって心が痛む。「私よりお若いのに」と師…続きを読む
昭和元禄落語心中(7) (KCx)
落語への思いを三味線に託す小夏さん、親子会が出来ることになり稽古に励む与太、二人の息子として落語好き…続きを読む
昭和元禄落語心中(6) (KCx)
八代目八雲師匠と、先代助六、全く違った個性の落語を受け継ぎながら、自分の落語を追い求める与太。きっと…続きを読む
ログイン新規登録(無料)