ちょっと今から仕事やめてくるのdaidainngoさんの感想

ブラック企業を題材にした作品が出てくるということはそれだけ社会の問題として注目されているということか。精神的に参ったら、自殺するのではなく逃げ出してしまうのが自分そして周りの人たちの為になるのかと思う。小説は現実の社会を映す鏡なのだなぁとつくづく思う。
★43 - コメント(0) - 1月6日

感想・レビュー投稿者

514冊/133134ページ/男性/大学生・院生

daidainngoさんの最近の感想・レビュー

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
とうとう最終巻。少し寂しいけれども楽しく読めた。五浦君と栞子さんの恋の行方と、最後のどんでん返しは見…続きを読む
大江戸妖怪かわら版 1 異界より落ち来る者あり (講談社文庫)
あっさりしすぎて少し物足りなかった。もっと心の奥に訴えるようなものがほしかった。今一つといったところ…続きを読む
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
友人からのオススメで読んでみた。日々の何気ない謎を解いていくわけだが一番謎なのは小鳩君と小佐内さんの…続きを読む
社会人1年目からのお金の教養 (「やるじゃん。」ブックス)
まだ、社会人ではないがアルバイトをはじめたのでお金のことを知ろうと思い手に取ってみた。是非ともお金の…続きを読む
「食事」を知っているだけで人生を大きく守れる
女性向けな内容だった。男性向けの本が読みたい。続きを読む
超したたか勉強術 (朝日新書)
今の段階の私にはすべてを理解するのは不可能だと感じた。まだまだ基礎教養不足と思う。しかし、いつかこの…続きを読む
ログイン新規登録(無料)