ちょっと今から仕事やめてくるのcdmabookさんの感想

タイムリーな社会問題である長時間労働、ブラック企業に生きる若者の葛藤の問題提起。「生きるために働くのであって働くために生きてはならない」という読友さんのコメントに納得。職場を辞める時に部長へ啖呵を切る場面が爽快です。 ラノベにありがちな幽霊ネタも矛盾なく回収されており、この5月にどのように映画化されるか期待です。
★58 - コメント(0) - 1月6日

感想・レビュー投稿者

488冊/141594ページ/281レビュー/男性

cdmabookさんの最近の感想・レビュー

新装版 長い家の殺人 (講談社文庫)
最近気になる歌野氏のデビュー作品。島田荘司氏が「ミステリーの王道」と絶賛するように、よく考えられたア…続きを読む
家守 (角川文庫)
叙述トリック「葉桜の季節・・」の歌野氏による家にまつわる短編集。悪意が意外な結末へとつながる独特の雰…続きを読む
下町ロケット2 ガウディ計画
下町ロケットの佃製作所がロケット産業から医療分野へ。 命を救うための装置の開発へ向け、権力や認可等、…続きを読む
水族館ガール2 (実業之日本社文庫)
シリーズ第2弾。前作は各章の最初が欲求不満的描写から始まって俗っぽい印象があったのが解消され、すっき…続きを読む
宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス)
ビッグバンから138億年の現在までの宇宙についての書籍は何冊も読みましたが、宇宙の終焉、10^100…続きを読む
交流のしくみ 三相交流からパワーエレクトロニクスまで (ブルーバックス)
今までイメージがわかなかった三相交流の原理がよく理解できました。ハイブリッドカーなど、今後も高性能な…続きを読む
ログイン新規登録(無料)