感傷コンパスのぜんざい公社さんの感想

いい雰囲気で読んでいたのだが読後、思った以上にグッとくるものがなかった。後書きの解説でいろいろと得るものがあり、はぁ〜、わたしの読み解く力のショボさを知った一冊でした (´・_・`)
★4 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

293冊/84697ページ

ぜんざい公社さんの最近の感想・レビュー

夜消える (文春文庫)
父親が好きだった作家。今作で二冊目を読んだ。市井に生きる人たちの情愛を誠実な筆捌きで緻密に描いた文章…続きを読む
存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)
最近観た映画は『生きる』で読んだ本がこれ。なんか少々陰鬱だなぁ……女癖の…続きを読む
国道沿いのファミレス (集英社文庫)
自分にとってファミレスというとどこか寂しいイメージがある。都会だと何気にどこにでもあるファミレス。鉄…続きを読む
夏の朝の成層圏 (中公文庫)
清々しいイメージの『夏の朝』知的なイメージの『成層圏』この言葉のコラボに読む前から期待は膨らんだのだ…続きを読む
つくりおきサラダとマリネ (別冊ESSE とっておきシリーズ)
P42の「ニンジンとエノキ、厚揚げのゴママリネ」を今作ったんですが……ヤ…続きを読む
卍 (新潮文庫)
男子の子供の頃の遊びといえばプロレスごっこは誰しもが一度はあるはず。四の字固めやコブラツイストなど技…続きを読む
ログイン新規登録(無料)