きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのハイランドさんの感想

ホラー小説大賞優秀賞だが、ホラーというよりもディストピア小説である。有象無象の人々が棲む吹き溜まりイタギリ。そこに生きるゴミ屋の少年晴史と似顔絵描きの少女シズク。ほのかな恋愛のほかはイタギリのグロテスクな描写が続く。イタギリというスラムの創造はこの小説の一つの重要なファクターなのだが、陰惨ではあるが類型的。シズクという少女の造形は個人的には良かったと思うのだが、晴史のイタギリからの解放のためのイニシエーションがそういうことであれば、納得しがたいものがある。今までの物語が嘘になる。あ、これ献本当たりました。
★84 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

278冊/77971ページ/278レビュー/男性/事務系

ハイランドさんの最近の感想・レビュー

国を救った数学少女
久し振りに読んだ海外ユーモア小説。まともな人間が一人も出てこないドタバタだが、いたるところに皮肉が込…続きを読む
たてもの怪談
霊感の無い身にとってはオカルト話の真偽は判断できないのだが、面白いものは楽しむというスタンスでいる。…続きを読む
夜行
ホラーというより幻想小説。夜行と曙光、二つの狭間に迷い込んだ人達の物語。世界観は何処かで読んだようで…続きを読む
外道クライマー
ある時はタイの密林、ある時は厳冬の称名滝、又ある時は禁断の那智の滝へ。全国ニュースで取り上げられた事…続きを読む
幻想温泉郷 (講談社文庫)
そうそう、これこれ感。求めていたのは、あの世とこの世の境が曖昧な世界なのだ。温泉郷だからか、生暖かす…続きを読む
本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
モンゴメリー、オルコット、バーネット、ポーター。昔は彼女達の小説の文庫が充実していたので、随分と読ん…続きを読む
ログイン新規登録(無料)