きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのハイランドさんの感想

ホラー小説大賞優秀賞だが、ホラーというよりもディストピア小説である。有象無象の人々が棲む吹き溜まりイタギリ。そこに生きるゴミ屋の少年晴史と似顔絵描きの少女シズク。ほのかな恋愛のほかはイタギリのグロテスクな描写が続く。イタギリというスラムの創造はこの小説の一つの重要なファクターなのだが、陰惨ではあるが類型的。シズクという少女の造形は個人的には良かったと思うのだが、晴史のイタギリからの解放のためのイニシエーションがそういうことであれば、納得しがたいものがある。今までの物語が嘘になる。あ、これ献本当たりました。
★72 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

258冊/72008ページ/258レビュー/男性/事務系

ハイランドさんの最近の感想・レビュー

キリンの子 鳥居歌集
言葉が痛い。割れたガラスの破片で魂を傷つけ、噴き出した血で書いたような三十一文字。生と死の本質をえぐ…続きを読む
王とサーカス
二十数年前ネパールを訪れたことがある。カトマンドゥは雑然としていたが、人々は皆穏やかで、旅人である自…続きを読む
キリハラキリコ (小学館文庫)
キリコと妖しい面々が織りなす不条理。吾妻ひでおの傑作「不条理日記」を想起させる乾いたギャグ。(笑える…続きを読む
キリハラキリコ
キリコと妖しい面々が織りなす不条理。吾妻ひでおの傑作「不条理日記」を想起させる乾いたギャグ。(笑える…続きを読む
〈オールカラー版〉美術の誘惑 (光文社新書)
再読だったのに、ほとんど内容を記憶していなかった不思議。自分の記憶力が不安になりました。そういえばこ…続きを読む
三人の大叔母と幽霊屋敷 (文春文庫)
予言村シリーズ第三弾。今回はエキセントリックな隣人や親戚が巻き起こすスラップスティックコメディといっ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)