悪意の歩さんの感想

なんだか分からないけれど、気に食わない。論理的に説明できない感情、それこそ悪意。語られる真実が途中で何度も二転三転したので、結局なにが事実なの!?とやきもきしながらほぼ一気読みです。作家さんって、想像(妄想?)力すごいイメージだけど、ここまで嘘を事実のように手記に残せるとは恐ろしい。加賀刑事の「人間を描く」表現に関する説明に同感。これがうまい作家さんの小説はほんとに面白いので。もちろん、東野さんも然り。
★15 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

352冊/78701ページ/183レビュー/女性/28

歩さんの最近の感想・レビュー

点と線 (新潮文庫)
無駄のない文章で、すっきり読みやすかった!時刻表を駆使して、福岡から北海道までを大移動。正気の沙汰で…続きを読む
ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)
「竜田揚げ食べたいからってアイヌの教えを都合よく解釈するんじゃないよ!」あいかわらず、シリアスとギャ…続きを読む
ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックス)
「きれいごとじゃ生きてけねえもんな」杉元さんって、動物好きですよね。笑そして、動物にも好かれやすいと…続きを読む
ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックス)
「一発で決めねば殺される。一発でから腹が据わるのだ。」「全部食べて全部忘れるな!それが獲物に対する責…続きを読む
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)
「いくつになっても男子は刀を振り回すのが好きだろう?」ヒグマやオオカミ。野生動物が美しくてかっこよく…続きを読む
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
舞台は明治時代、日露戦争後の北海道。生きること、死ぬこと、生きる匂い、死へと向かう匂い。生と死の対比…続きを読む
ログイン新規登録(無料)