探偵の探偵3のRyujiさんの感想

★★★★★シリーズ三作目にして、追い続けていた玲奈の妹・咲良を死に追いやった「死神」を突き止める。その正体は私自身考えもしなかった意外な人物だった。まさかこういう展開とはという感じでした。それにしても「死神」こと市村凛のあまりの人間性の無さと残虐性が凄すぎる、松岡さんの作品はほとんど読んでいるが過去の作品でにこういう性格の登場人物いなかったような気がする(「千里眼」シリーズでもここまでの人物はいなかったような気がする)。このシリーズは一作目を読んで作目まで間をおいてしまったが、全巻を一気に読むべきだった。
★11 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

1277冊/434153ページ/男性/役員・管理職

Ryujiさんの最近の感想・レビュー

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
★★★★☆ジャーナリスト・池上彰氏と元外務官僚・佐藤優氏の対談形式で主に「中東・ヨーロッパ」「朝鮮半…続きを読む
相棒season13(上) (朝日文庫)
★★★★★☆久しぶりに『相棒』を読みました。「ファントム・アサシン」ロシアのスパイに情報を売った人間…続きを読む
大転換 - 脱成長社会へ (中公文庫)
★★★☆☆2009年に書かれた本で、2008年に起きた世界金融危機(リーマンショック)は何故起きたの…続きを読む
真田合戦記: 京洛の妻問 (徳間文庫 は 41-6 徳間時代小説文庫)
★★★★☆シリーズ六巻目。第四次川中島合戦で典厩・信繁や山本勘助を失った信玄の失意から始まる。第四次…続きを読む
万能鑑定士Qの短編集II (角川文庫)
★★★★☆短編集Ⅱ。何故だかよく分からないが、個人的にはⅠよりもこちらのⅡの方が面白かった。五話の短…続きを読む
万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)
★★★★☆このQシリーズは短編にした方が読み易いかもしれない。この短編集第一巻は代官山の質店のお店に…続きを読む
ログイン新規登録(無料)