感傷コンパスのmomiさんの感想

三重県伊賀を舞台に田舎の分校に若い女の先生が赴任したところから物語は始まる…。先生と子供達の心の交流を描いた作品です!!どこか懐かしく、山里の情景描写が美しい…。子供達に「センセ」と慕われる「明子」よそ者の自分を直ぐに受け入れてくれたことは、さぞ嬉しかったことだろう…。そんな子供たちの家庭の事情に真摯に取り組む姿や、過去に負い目をもつ男との交流は「明子」の温かさと愛情が感じられる。この物語には特別大きな山場があるわけではない。何か…はっきりとした結論が出てるわけでもないが、優しさに包まれるそんな読後感です
★45 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

1297冊/423906ページ/女性/主婦

momiさんの最近の感想・レビュー

黒祠の島 (新潮文庫)
重くて暗い…。このまま暗いトンネルから抜けられなくなるのではないのかと思ってしまった。…続きを読む
家政婦は名探偵 (創元推理文庫)
お気の毒な旦那様!旦那様のためなら私たち何でもします!!この屋敷の旦那様で警部補殿は、死体を目の前に…続きを読む
明るい夜に出かけて
深夜ラジオ…みんなそれぞれいろんな思い出があるんだろうな〜。受験勉強の時に聴いてたり、…続きを読む
希望荘
杉村三郎シリーズ!一人ぼっちになってしまった杉村!やはり貴方は探偵になってしまったのですね&hell…続きを読む
パリ症候群 愛と殺人のレシピ
「月のない夜に」を読んで気になる作家さんの一人となりました!パリを舞台に五つの短編集!!美しいパリの…続きを読む
処女連祷 (集英社文庫)
今から60年以上前に著者が書き上げた初期の名作!女子大生仲良しグループの七人!舞台は昭和22年頃。女…続きを読む
ログイン新規登録(無料)