吾輩も猫であるのbluets8さんの感想

ちゃんと“猫の物語”だった原田さんの「飛梅」が良かった。あとなぜか四コマ漫画だった荻原さんのは楽しめた。他はビッグネームばかりで期待値が高かった所為もあるだろうけど、微妙。似たような内容の話が多いことと、猫の目線を使って人間を腐すような表現がとても多かったので、あまり愉快な読書時間ではなかった。
★20 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

2346冊/705893ページ/男性

bluets8さんの最近の感想・レビュー

皿の上の聖騎士〈パラディン〉3 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)
イザドラ覚醒回。か、勝った? 相変わらずのボロボロ具合でも文句なく「勝利」と言える内容で、シリーズ初…続きを読む
ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)
登山青春ラブコメ。控えめなラブ要素に程よい青春感。清潔感のあるメインの二人に、目立った個性はあっても…続きを読む
りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)
予想通りというか、逆に驚くほど何の捻りも王道展開。それでもなのかだからこそなのか、八一の復活劇に説得…続きを読む
魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉 (電撃文庫)
三年生編スタート。新入生の紹介をしつつ、東西南北こんなに悪巧みしている奴がいますよ。と達也の障害にな…続きを読む
ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)
アリシゼーション編後日談の前編。圏内事件のアリシゼーション版って感じだが、叶わぬ想いを胸に秘めた少女…続きを読む
暗極の星に道を問え (電撃文庫)
魔王討伐後王族に殺されかけた勇者が復讐を誓うダークファンタジー。魔族を害する人間たちをどこまでも卑劣…続きを読む
ログイン新規登録(無料)