吾輩も猫であるのbluets8さんの感想

ちゃんと“猫の物語”だった原田さんの「飛梅」が良かった。あとなぜか四コマ漫画だった荻原さんのは楽しめた。他はビッグネームばかりで期待値が高かった所為もあるだろうけど、微妙。似たような内容の話が多いことと、猫の目線を使って人間を腐すような表現がとても多かったので、あまり愉快な読書時間ではなかった。
★15 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

2325冊/699316ページ/男性

bluets8さんの最近の感想・レビュー

僕が恋したカフカな彼女 (富士見L文庫)
昼ドラ顔負けの愛憎劇が繰り広げられていて主人公たちが高校生なことにもの凄い違和感があったが、話として…続きを読む
勇者のセガレ (電撃文庫)
父は異世界の元勇者、母は元魔法使い。その事実を告げるのは父を連れに異世界から来たという金髪美少女。そ…続きを読む
小暮写眞館II: 世界の縁側 (新潮文庫nex)
1巻があまりにも合わなかったので読むこと自体悩んだが、2巻は良かった。主人公は相変わらず理解不能だっ…続きを読む
小暮写眞館I (新潮文庫nex)
予想外のオカルト路線の話で、一部謎が謎のままでモヤッと。主人公の行動原理、行動理由が理解できなくてさ…続きを読む
カンピオーネ! XX (ダッシュエックス文庫)
魔王内戦後編。7人のカンピオーネに一部の神々も加えて、あらゆる局面でど派手でカオスで中二心をくすぐる…続きを読む
戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉6 (HJ文庫)
SOW
束の間の日常を描きつつ新章への伏線張りに勤しむ回。ヒルダは大出世だね。クソガキ将校の頃はすぐ居なくな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)