悪意の月夜さんの感想

加賀恭一郎シリーズにしては胸に響くものがなかったな。謎解きしてはひっくり返りの連続で、犯人の思惑どおり被害者・加害者の人物像が読者のなかでもあやふやなままだったからだろう。真の動機は死を前にして「彼」そのものに成り代わりたかったというところか。中学校生活にそれほど辛い思いをした人が何の情熱も持たないまま教職につくのも疑問。
★11 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

120冊/43299ページ/女性

月夜さんの最近の感想・レビュー

去就: 隠蔽捜査6
竜崎署長のマイペースぶりも安定の6巻。事件そのものは書かれてるようにチェックがおろそかだから起こった…続きを読む
獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)
エリンが王獣リランを操り闘蛇を撃滅した「降臨の野」から10年あまり、堅き楯を退いたイアルとの間に息子…続きを読む
儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
恐ろしやー!のオンパレード。いわゆる上流階級のお嬢様や周りの人々の妖しく退廃的な結末の数々。伏線や鍵…続きを読む
6月31日の同窓会
ドラマ「5人のジュンコ」が良かったので初めて原作者の作品を手にしてみた。設定や冒頭の仕掛け、章題のミ…続きを読む
最悪の将軍
第五代将軍・徳川綱吉と正室信子の29年。淡々と綴られた物語。政争とかちょっと退屈だったけども。いまだ…続きを読む
流
著作初読み。いろいろな意味で圧倒された物語だった。17才の葉秋生を通して知る1975年の台湾は過剰な…続きを読む
ログイン新規登録(無料)