悪意の月夜さんの感想

加賀恭一郎シリーズにしては胸に響くものがなかったな。謎解きしてはひっくり返りの連続で、犯人の思惑どおり被害者・加害者の人物像が読者のなかでもあやふやなままだったからだろう。真の動機は死を前にして「彼」そのものに成り代わりたかったというところか。中学校生活にそれほど辛い思いをした人が何の情熱も持たないまま教職につくのも疑問。
★11 - コメント(0) - 1月7日

感想・レビュー投稿者

125冊/45180ページ/女性

月夜さんの最近の感想・レビュー

獣の奏者 外伝 刹那 (講談社文庫)
刹那…エリンとイアルのなれそめとジェシの誕生に至るまでをイアルの視点から。外伝だからこ…続きを読む
共犯捜査 (集英社文庫)
「捜査」3 福岡編。古本。「検証捜査」は堂場作品としては好みでなかったが今作はなかなか面白かった。愛…続きを読む
仮面病棟 (実業之日本社文庫)
以前から気になってたので古本購入。クローズドサークルとして楽しめたものの、分かりやすすぎたかな。速水…続きを読む
([ん]1-9)明日町こんぺいとう商店街3 (ポプラ文庫)
商店街アンソロジー第3弾。それぞれの作家さんの色がありながらも招きウサギが鎮座するこんぺいとう商店街…続きを読む
獣の奏者 4完結編 (講談社文庫)
心はいまだリョザにいるって感じ。涙が止まらん完結編。争うことをやめられない人という獣の愚かさ。野生に…続きを読む
去就: 隠蔽捜査6
竜崎署長のマイペースぶりも安定の6巻。事件そのものは書かれてるようにチェックがおろそかだから起こった…続きを読む
ログイン新規登録(無料)