最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツのkazukiさんの感想

母のお弁当や手作りおやつを思い出しながら読みました。手作りよりもスナック菓子に憧れたときもあったし、辞書4冊抱えて通学した大学時代には荷物になるからとお弁当は断ってしまったけど、今となっては勿体無かったと思います。母の味はやっぱり良いものですね。
★16 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

157冊/50977ページ/51レビュー/女性/32

kazukiさんの最近の感想・レビュー

相模原事件とヘイトクライム (岩波ブックレット)
保坂展人さんはやはりこういうことをきちんと見て考えることができる人なのだなと再確認。この価値観が、区…続きを読む
やがて、警官は微睡る (双葉文庫)
書店を回っても見つからず、図書館で予約して、随分待ちました。散々お預けをくらった分、より楽しめた気が…続きを読む
黒猫の遊歩あるいは美学講義 (ハヤカワ文庫JA)
カタカナの名前が苦手なので海外作品はあまり読んでおらず、ポーの作品も未読で、読む前は不安もあったので…続きを読む
ゴーストフォビア (創元推理文庫)
裏表紙や帯から想像していた雰囲気とは大分違って、またミステリというよりコメディに近い印象を受けました…続きを読む
嗤う名医 (集英社文庫)
短編集で読み易かったけれど、ものすごいブラックユーモアというか、生々しく怖い話でした。他の作品も読ん…続きを読む
思索の淵にて (河出文庫)
世田谷文学館の企画展で出会った「自分の感受性くらい 自分で守れ ばか者よ」の一節に衝撃を受けて以来、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)