最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツのnobugさんの感想

早いものでもうシリーズ第7作品目。最初は初めての社員旅行で3人(夏神・海里・ロイド)で京都へ二泊三日の旅行へ。旅行は無事に終わりどんな流れになるのかと思っていたが、今回も幽霊が出てきました。幽霊を成仏させるために3人+淡海が活躍する。読後感は良い。
★42 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

1678冊/516974ページ/男性/50

nobugさんの最近の感想・レビュー

本を守ろうとする猫の話
4話からなる連作短編集。主人公は祖父と二人暮らしをしていた夏木林太郎。「夏木書店」という古書店を営ん…続きを読む
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明
5話からなる連作短編集。主人公は弁護士資格を剥奪された上水流涼子(かみづるりょうこ)。上水流エージェ…続きを読む
「あの国」はなぜ、日本が好きなのか: 歴史秘話…そして彼らは「親日国」になった! (知的生きかた文庫)
超親日国の60か国をエピソードを交えて紹介している。意外な国が親日国であったりして、驚いたりした。ま…続きを読む
ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)
映画公開前に図書館本で読むことができた。読みやすかった。思わず一気読み。映画は多分観に行かないだろう…続きを読む
失われた地図
突如現れる裂け目。その裂け目から出てくる軍人の恰好をしたグンカ。それを押しとどめて裂け目を縫う鮎観・…続きを読む
女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび
4話からなる連作短編集。ドラグクイーンのシャールが病に打ち勝って、マカン・マランに帰ってきた。マカン…続きを読む
ログイン新規登録(無料)