ちょっと今から仕事やめてくるの新地学@児童書病発動中さんの感想

気軽に読めるが、仕事とは何かという重い問いかけを含んだ小説。印刷会社の営業の仕事をしている隆は疲れ果てて、ある時ふと死を選ぼうとする。それを助けるのが「ヤマモト」だ。隆が自分の仕事に対して抱いている想いは、多かれ少なかれ今の日本人に共通していると思う。そんな皆が考えていることを掬い上げて、このような物語に仕立て上げる作者の感性は素晴らしい。だからこれほど読まれているのだろう。個人的には巧妙なプロットに感心した。「ヤマモト」は誰かというミステリ的な趣向が、人間的な物語に溶け込んでいるところが素晴らしい!
★164 - コメント(2) - 1月8日
Takayuki Oohashi
新地さんのレビューを読んで、こういう本も久々に読みたくなりました。
★2 - 01/08 21:15

新地学@児童書病発動中
こんばんは。Oohashiさんの考えるライトノベルとちょっと違っているのかもしれませんが、一応電撃文庫の作品を読みました。これは普通の良い小説でした。お勧めです。
★2 - 01/08 21:21


感想・レビュー投稿者

2518冊/516746ページ/1665レビュー/男性

新地学@児童書病発動中さんの最近の感想・レビュー

武者小路実篤詩集 (新潮文庫)
武者小路実篤は私が一番好きな文学者の一人だ。道徳的なところが良い。道徳といっても世間が押し付けて来る…続きを読む
空からふるもの―The story of three angels
おーなりさんらしい優しさあふれる本。柔らかな絵と優しい言葉が読む人の胸を温めてくれます。非常にお勧め…続きを読む
窓の魚 (新潮文庫)
恋愛の難しさを鮮やかに描いて胸に迫る作品。温泉に宿泊する四人の男女は、誰もが心の中に空虚な部分を抱え…続きを読む
火花
登場人物達に感情移入して、夢中でページを捲った。お笑い芸人の神谷と徳永の絆に心を打たれる。変わり者で…続きを読む
やがてヒトに与えられた時が満ちて… (角川文庫)
驚異の感覚を感じられる傑作SF。池澤さん独特の乾いた筆致が心地よい。人類の文明が終わってしまった後の…続きを読む
北原白秋詩集 (角川文庫)
読むたびに北原白秋の詩には圧倒される。特に初期の『邪宗門』と『思ひ出』は凄い。活字のアルコールといっ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)