ネオンサイン・アンバーのみずほさんの感想

★★★★★ クラブのホール係(元バーテンダー)×小料理屋手伝いのギャル男。おげれつさんはやはり今ノッてる漫画家さんだなあ。絵や心理描写が達者で、男同士のネガティブな部分からも逃げないので、リアリティがある。ノンケの攻も一番最初は男の体に躊躇して、ゲイであることを好きな人に言いふらされたトラウマをもつ受を傷つけてしまう。そういや、現実にも法科大学校の学生で、同じようなことがあって、それを苦に自殺した人がいたよね。攻が受を優しく包み込む結末にホッとした。攻が元凶の男に制裁を加えてくれてよかったわ。 Pつき
★15 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

2376冊/332003ページ/2376レビュー/女性

みずほさんの最近の感想・レビュー

チーム・ブライアン 300点伝説
★★★★☆ オーサーの「勝つ」ための戦略、平昌への展望など、とても興味深かった。ただ、城田さんが20…続きを読む
フィギュアスケート16-17シーズン始動号 (日刊スポーツグラフ)
★★★☆☆ 図書館本。オーサーとバトルとトレイシーの話・・・発売から4か月たってるので、他誌で読んだ…続きを読む
フィギュアスケート・マガジン グランプリスペシャル 2015ー2016 (B.B.MOOK)
★★★☆☆ 図書館本。この号は、まだ今ほど「羽生押し」ではないようで、2枚の両面ピンナップ、表は羽生…続きを読む
SPUR(シュプール) 2016年 12 月号 [雑誌]
★★★☆☆ 図書館本。宇都宮直子さんの「スケートは人生だ!」目当て。世選後の休養。練習再開後のジャン…続きを読む
僕はすべてを知っている5 (Charaコミックス)
★★★★★ 加賀×金沢編。いつの間にかサブカップルがメインカップルを超えてしまった(笑)…続きを読む
フィギュアスケート15-16決算号
★★★★☆ 積読消化。昨今、羽生ファンの評判が殊の外悪い日刊スポーツグラフだけど、この号はなかなかよ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)