吾輩も猫であるのウルトラマンエースの母さんの感想

色々な作家さんの猫ものの短編集。原田マハさんの「飛梅」が印象深かった。作中の「吾輩堂」は本当にあるお店で、猫好きだったらたまらんなぁ〜!京都から福岡にもらわれて行くのに、大宰府の「飛梅」に例えたのも趣がありますなぁ〜!
★26 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

45冊/14472ページ/女性

ウルトラマンエースの母さんの最近の感想・レビュー

和宮様御留 (1978年)
和宮様ゆかりの場所に行くので、基礎知識として読みました。誰が悪いとかではなく、皆時代の激流に呑み込ま…続きを読む
篤姫の生涯
和宮の姑の篤姫のことを知りたくて読んでみた薩摩から江戸の将軍家に嫁ぎ、頼りない夫を支え、夫亡き後の大…続きを読む
検事の死命 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
「検事の本懐」をよんだら次の「死命」早く読みたくて…即了!「業をおろす」で、なぜ、佐方…続きを読む
検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柚月裕子さん作品、「孤狼の血」に続き2作目。面白かった!やはり広島弁に味があってはまる。「最後の証人…続きを読む
三鬼 三島屋変調百物語四之続
三島屋シリーズ4作目。表紙のデザインも今までと違ってるし、厚みもあってとっつきずらかったけど、読み始…続きを読む
疾風ロンド (実業之日本社文庫)
スノボシリーズ最後に読了。東野さんかなりスノボにはまっているみたいだし、絶対滑走禁止区域滑ってますよ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)