吾輩も猫であるのウルトラマンエースの母さんの感想

色々な作家さんの猫ものの短編集。原田マハさんの「飛梅」が印象深かった。作中の「吾輩堂」は本当にあるお店で、猫好きだったらたまらんなぁ〜!京都から福岡にもらわれて行くのに、大宰府の「飛梅」に例えたのも趣がありますなぁ〜!
★21 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

33冊/9914ページ/女性

ウルトラマンエースの母さんの最近の感想・レビュー

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)
「楽園のカンバス」で美術館に行く楽しみが倍増し、「ジヴェルニーの食卓」「暗幕のゲルニカ」「デトロイト…続きを読む
孤狼の血
やっぱり任侠モノは広島弁に限る‼︎ガミさん生きてて欲しかった!まさか日岡が…でも最後血…続きを読む
先生のお庭番
朝井まかてさん3冊目。日本にいると気がつかないが、この国はなんて多くの草木に彩られた美しい国なのかを…続きを読む
ちゃんちゃら
面白かった!最後の最後でハッピーエンドになってホッとした。「そらしごと」自分の天職につけてちゃらは幸…続きを読む
終わった人
我が家もあと数年でダンナが定年…やはり定年になってから慌てて動いても遅いのか⁈早目に「…続きを読む
阿蘭陀西鶴
朝井まかてさん初読み。井原西鶴の作品は題名くらいしか知らなかったが、これを読んで興味が出た。しっかり…続きを読む
ログイン新規登録(無料)