また、同じ夢を見ていたのウミネコさんの感想

面白かった。自分のことをかしこいと勘違いするのは、学生の特権みたいなもの。大人になったら、上には上がいるとわかる。インターネットがある現在では、子どもの時でも感じて、劣等感に苛まれるとかあるのかもしれない。結局は、どんな職業についても天井が存在していて、限界はあるだろう。アメリカとかはなさそうだけども、日本ではね。幸せとは?という問題が定義されていた。幸せとは、今が幸せと言えること。と1つの回答としてあった。多くの人はどう答えるのだろうか?気になるところだ。
★37 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

338冊/127472ページ/男性

ウミネコさんの最近の感想・レビュー

ザ・スタンド(上)
図書館本。かなりのボリュームある本で、読み終わるのに時間がかかった。人類がある種の病原菌で壊滅に追い…続きを読む
貘の檻 (新潮文庫)
何かホラーっぽい雰囲気がする作品だった。最後のどんでん返しがある著者のお約束の展開で、読者の期待を裏…続きを読む
よるのばけもの
最後に感動が待っている本。最後がとてもよかった。でも、そこまでたどり着くまでが、陰湿な悪意が蔓延して…続きを読む
警視庁捜査二課・郷間彩香 ガバナンスの死角 (「このミス」大賞シリーズ)
何か間抜けに感じる場面もある。警察のサイバー課でもわからないプログラムが施されたUSBを主人公たちの…続きを読む
コンビニ人間
この本は共感が得られているのだろうか?普通と思われたいために、マニュアルを必要とする人間。世の中、マ…続きを読む
文藝春秋オピニオン 2017年の論点100 (文春MOOK)
2016年の総括本。中国だけで、これだけの量を取るとか、2017年も中国がメインなのか?トランプ米新…続きを読む
ログイン新規登録(無料)