また、同じ夢を見ていたのウミネコさんの感想

面白かった。自分のことをかしこいと勘違いするのは、学生の特権みたいなもの。大人になったら、上には上がいるとわかる。インターネットがある現在では、子どもの時でも感じて、劣等感に苛まれるとかあるのかもしれない。結局は、どんな職業についても天井が存在していて、限界はあるだろう。アメリカとかはなさそうだけども、日本ではね。幸せとは?という問題が定義されていた。幸せとは、今が幸せと言えること。と1つの回答としてあった。多くの人はどう答えるのだろうか?気になるところだ。
★41 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

358冊/135425ページ/男性

ウミネコさんの最近の感想・レビュー

ファミレス (上) (角川文庫)
学校の先生が、生徒の心配をして、世話をやく。でも、自分の人生は家族の気持ちが離れていくという皮肉。ま…続きを読む
きのうの世界
図書館本。壮大なストーリーに圧倒される。紙に書かれた文字を画像として、脳に記憶する人っているのだろう…続きを読む
時宗〈巻の4〉戦星
図書館本。蒙古撃退。まぁ、歴史の義務教育を受けていたら、結果は知っているが…&hell…続きを読む
時宗〈巻の3〉震星
図書館本。蒙古の使者を追い払うまで。日蓮の法華経の下りで、日蓮が頭が良くて、したたかなものであるよう…続きを読む
舞台 (講談社文庫)
男性の自意識過剰な面を誇張して描き、それをユーモラスに表現している本。自意識過剰な人は、ピンチの時で…続きを読む
時宗〈巻の2〉連星
図書館本。北条時頼が亡くなるまで。次の巻から、北条時宗が中心となるのだろう。何か表現が、某ハードボイ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)