X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のyoshidaさんの感想

読友さんの紹介で読了。クリスマスをテーマにした、6人の作家さんのアンソロジー。アンソロジー作品は初読みです。なかでも、あさのあつこさん、白河三兎さんは初読みでした。バリエーション豊かな作品が詰まっています。今まであまり読んでいなかった伊坂幸太郎さんの作品のラストに爽快感を覚え、他作も読もうと思いました。恩田陸さんの作品の意外性。白河三兎さんの作品のラストの暖かさ。三浦しをんさんのアイディアの奇抜さ。どれも読んでいて感心する。多くの作家さんの作品が読めるアンソロジーの良さを存分に堪能。読書の幅が広がります。
★354 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

740冊/208018ページ/740レビュー/男性/41/営業・企画系

yoshidaさんの最近の感想・レビュー

不滅のあなたへ(1) (講談社コミックス)
「聲の形」で知った大今良時さんの新作。始まりは天から投げ入れられた一つの「球」。「球」はあらゆるもの…続きを読む
ホテルローヤル
ホテルローヤルで起こる様々な人間模様。始まりは廃墟になったローヤルを訪れる二人。最後はローヤルを建設…続きを読む
ランチのアッコちゃん (双葉文庫)
気持ちが暖かくなる短編集。働く人々を主人公に4編の短編で構成。みんな、それぞれに悩みがある。それをテ…続きを読む
奇跡の人 The Miracle Worker
原田マハさんの作品の中でも屈指の作品だと思う。ヘレン・ケラーとサリバン先生を日本に置き換えたオマー…続きを読む
神様のカルテ2 (小学館文庫)
大きく物語が展開した2巻。大事なことは、医師である前に人間であることを忘れないこと。一止と榛名の夫婦…続きを読む
イノサン Rouge ルージュ 5 (ヤングジャンプコミックス)
緻密な画力は健在。今回は首飾り事件をワイドショー風に描く。高まる革命の機運。シャルルは死刑の苦しみを…続きを読む
ログイン新規登録(無料)