X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のyoshidaさんの感想

読友さんの紹介で読了。クリスマスをテーマにした、6人の作家さんのアンソロジー。アンソロジー作品は初読みです。なかでも、あさのあつこさん、白河三兎さんは初読みでした。バリエーション豊かな作品が詰まっています。今まであまり読んでいなかった伊坂幸太郎さんの作品のラストに爽快感を覚え、他作も読もうと思いました。恩田陸さんの作品の意外性。白河三兎さんの作品のラストの暖かさ。三浦しをんさんのアイディアの奇抜さ。どれも読んでいて感心する。多くの作家さんの作品が読めるアンソロジーの良さを存分に堪能。読書の幅が広がります。
★354 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

715冊/200740ページ/715レビュー/男性/41/営業・企画系

yoshidaさんの最近の感想・レビュー

クラシック名盤 この1枚 (知恵の森文庫)
私の趣味の一つが音楽鑑賞です。クラシックも好きです。20年来の趣味です。「音楽の友」のムックを参考に…続きを読む
長いお別れ
認知症をアメリカでは長いお別れという。少しずつ記憶を失くし、ゆっくりゆっくり遠ざかって行くから。東家…続きを読む
ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯第4巻。期待を越える面白さ。導入部で迷宮の不死の術の謎が描かれる。これが5巻以降の布石だ…続きを読む
我が家のヒミツ
シリーズ三作目。家族にまつわる短編六編。安定した面白さがあります。印象に残ったのは「正雄の秋」、「ア…続きを読む
金色機械
恒川光太郎さんの長編を初めて読みました。唸らされる面白さ。舞台は江戸時代。遊廓「しなの屋」の大旦那で…続きを読む
朝が来る
辻村深月さんの作品はデビュー作から読んでいる。初期の作品にあったファンタジーの要素は本作では無くなり…続きを読む
ログイン新規登録(無料)