沈黙のmimiさんの感想

映画公開を期に…というよりは私が以前から読もうと思っていた本。期が熟したというか読みたくて仕方なくなった。本を選ぶとき、こういうことが間々ある。私の読書遍歴からもあるように私は宗教的な小説によく興味を持つ。私自身は無宗教な人間だけど、私なりに神様、仏様の存在を信じている。だけど無宗教だからこそからか敬虔な信仰心を持つ人を尊敬するし、その姿を美しいと思う。私もよく思う神の沈黙について。神はこの敬虔な人たちの前におわし、なぜ試練を与えるのか。そして救いはあるのか。答えはそれぞれの心の中にあるし私の心にもある。
★23 - コメント(2) - 1月8日
壮の字@司馬塾御用係
mimiさん!スコセッシ映画楽しみですね。日本語吹き替えで見たいんですが、ムリかなぁ。
- 01/12 00:39

mimi
スコセッシ映画も好きなので、公開が楽しみです!
★1 - 01/15 22:52


感想・レビュー投稿者

156冊/52190ページ/119レビュー/女性

mimiさんの最近の感想・レビュー

それを愛とは呼ばず
こちらも桜木さんの作品で読みたいと思っていた一冊。司馬さんの初期の作品で愛しいを「かなしい」と読ませ…続きを読む
霧 ウラル
桜木さんはホテルローヤルで直木賞を受賞した時は食指が動かなかったのだけど、「霧」はあらすじを読んでか…続きを読む
尼僧とキューピッドの弓 (講談社文庫)
タイトルから勝手に大好きな彫刻、『ベルニーニの聖テレジアの法悦』を想像していたのだけど、そんな官能的…続きを読む
王国 (河出文庫 な)
んー。スピーディーで先が気になる展開。一気読みしたけど『掏摸』の方が面白かったなあ。『掏摸』の主人公…続きを読む
掏摸(スリ) (河出文庫)
面白かった!「私の消滅」では精神世界の話を描くのに中村さんの文章は軽めだと感じてしまっていたのだけど…続きを読む
雲をつかむ話
以前から気になっていた作家さん。雲のようにふわふわとして心地よく進められる文章。言葉の選び方が慎重で…続きを読む
ログイン新規登録(無料)