沈黙のmimiさんの感想

映画公開を期に…というよりは私が以前から読もうと思っていた本。期が熟したというか読みたくて仕方なくなった。本を選ぶとき、こういうことが間々ある。私の読書遍歴からもあるように私は宗教的な小説によく興味を持つ。私自身は無宗教な人間だけど、私なりに神様、仏様の存在を信じている。だけど無宗教だからこそからか敬虔な信仰心を持つ人を尊敬するし、その姿を美しいと思う。私もよく思う神の沈黙について。神はこの敬虔な人たちの前におわし、なぜ試練を与えるのか。そして救いはあるのか。答えはそれぞれの心の中にあるし私の心にもある。
★23 - コメント(2) - 1月8日
壮の字@御用係
mimiさん!スコセッシ映画楽しみですね。日本語吹き替えで見たいんですが、ムリかなぁ。
- 01/12 00:39

mimi
スコセッシ映画も好きなので、公開が楽しみです!
★1 - 01/15 22:52


感想・レビュー投稿者

162冊/53751ページ/128レビュー/女性

mimiさんの最近の感想・レビュー

苦役列車
仕事に参っていて、なぜか無性に読みたくなって手にした本。貫多からしてみれば日下部(いや女だから美奈子…続きを読む
赤×ピンク (角川文庫)
久々の桜庭さん。うーん、美少女たちと格闘技。私は格闘技大好きだし、とってもおもしろそうな題材。少女た…続きを読む
絲山秋子の街道を行ぐ
うーん、連載形式で読みたかったなあ。きっと毎月とっても楽しみだと思う!そして絲山さんが旅したのが私の…続きを読む
青い眼がほしい (ハヤカワepi文庫)
人種差別の、ひどい描写があったわけではない。だからこそこの結末に至った根の深さにもっともっと深いとこ…続きを読む
アガーフィアの森
30年近くルイコフ一家を隠してきた世界は広く、家族だけで生きてきた彼らの世界は狭い。俗世の人間と交流…続きを読む
細雪 (下) (新潮文庫)
今で言えば「婚活小説」とも読める作品という批評もよくあるけれど、私が最初に読んだ時にはそんな批評はな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)