沈黙のmimiさんの感想

映画公開を期に…というよりは私が以前から読もうと思っていた本。期が熟したというか読みたくて仕方なくなった。本を選ぶとき、こういうことが間々ある。私の読書遍歴からもあるように私は宗教的な小説によく興味を持つ。私自身は無宗教な人間だけど、私なりに神様、仏様の存在を信じている。だけど無宗教だからこそからか敬虔な信仰心を持つ人を尊敬するし、その姿を美しいと思う。私もよく思う神の沈黙について。神はこの敬虔な人たちの前におわし、なぜ試練を与えるのか。そして救いはあるのか。答えはそれぞれの心の中にあるし私の心にもある。
★22 - コメント(2) - 1月8日
壮の字@司馬塾御用係
mimiさん!スコセッシ映画楽しみですね。日本語吹き替えで見たいんですが、ムリかなぁ。
- 01/12 00:39

mimi
スコセッシ映画も好きなので、公開が楽しみです!
★1 - 01/15 22:52


感想・レビュー投稿者

146冊/49510ページ/女性

mimiさんの最近の感想・レビュー

私の消滅
『教団X』が気になっていたのだけど、図書館で見つけのでとりあえず。私は人間の深層心理の闇に少なからず…続きを読む
空海の風景〈下〉 (中公文庫)
下巻は上巻の読みづらさはどこへやら。面白く読めた!最澄と交流を持ってから俄然面白くなった。司馬先生が…続きを読む
空海の風景〈上〉 (中公文庫)
司馬先生の最高傑作との声も多く、司馬先生ご自身も一番お気に入りだったと言われる作品。今の私にはまだ難…続きを読む
【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
脚本版かあ、小説が良かったな。脚本読むくらいなら映像を見たかったなとぶちぶち文句を言いながら読み始め…続きを読む
レオナルドのユダ
うーん。私はどうも西洋美術に興味が無いようで、ダ・ヴィンチの絵を調べながら読んだけど、ダ・ヴィンチが…続きを読む
カインの末裔/クララの出家 (岩波文庫 緑 36-4)
有島武郎は大学時代に『或る女』を読んで以来。その時の印象とこの作品はだいぶ違ったなあ。なぜこの作品を…続きを読む
ログイン新規登録(無料)