また、同じ夢を見ていたのさぼてんさんの感想

住野よるさん第二作目!幸せとは何か、人生とは何か、いろいろ考えさせられる中身だった。しかも、主人公は小学生の私。彼女の考え方は、とても小学生とは思えないくらい賢くて、ある意味勉強になりました(笑)わたし自身も、わたしにしか出せない幸せ・人生の答えを、いつかみつけだしたいな…
★28 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

40冊/12847ページ/女性

さぼてんさんの最近の感想・レビュー

君の膵臓をたべたい
読んだらわかる、タイトルの意味。恋愛とか、友情とか、そういう言葉では片付けられないふたりの関係。ふた…続きを読む
こわれもの (徳間文庫)
嘘だ、嘘だ、嘘だ。終盤の畳み掛けるような逆転劇にやられました…予測不能の真実が予測でき…続きを読む
美しいこと (講談社文庫)
きれいな終わり方であったと思います。泣きたいのに泣けず、ひたすら胸が苦しかったです。あと、もう一押し…続きを読む
僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)
逸脱しているふたりの恋。つまりは不倫。だけど、思わず許したくなるくらい幸せそうで、だからこそ切なかっ…続きを読む
四畳半神話大系 (角川文庫)
夜は短し歩けよ乙女の登場人物やサークルが出てきており、さらにお話がたのしいものとなっていました。なか…続きを読む
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
高校生の時に、一度手にとりました。しかし、言い回しの独特さに敵わず読むのを断念…そして…続きを読む
ログイン新規登録(無料)