殺人犯はそこにいるの佐々木さんの感想

『文庫X』として話題になったときに手に取って読んだようなミーハーだが、内容は想像以上だった。確実に考え方は変わったと思う。特に新聞やテレビから得られる情報の捉え方。良い意味で疑うようになった。政治に関心があまり持てない私のような、ゆとりと呼ばれる学生が読んで損はないと思う。
★19 - コメント(0) - 1月8日

感想・レビュー投稿者

10冊/3140ページ/女性/21/大学生・院生

佐々木さんの最近の感想・レビュー

風の歌を聴け (講談社文庫)
時間をおいて再読してみたが、わからないものはわからなかった。ただ淡々と人の生活を見てるだけの感じが魅…続きを読む
完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
悔しいけど何度も共感してしまった。それくらい自分も捻くれてるんだなって客観的に見ることができたし、地…続きを読む
舟を編む (光文社文庫)
純粋に言葉ってすごいな、ということを小説から学べる。大袈裟ながら、どんなに解説の濃い国語の教科書より…続きを読む
さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)
すごく遠回しに背中を押してもらえるような作品。良い部分と悪い部分を客観的に見つつも人間を少し好きにな…続きを読む
白いしるし (新潮文庫)
さらっと読める。間島くんはサブカル臭くてモテそう。正直恋愛どうこうよりも、間島くんの絵が一番気になっ…続きを読む
私のなかの彼女 (新潮文庫)
読み終わった後の絶妙なモヤモヤ。可もなく不可もなくっていう感じがリアル。祖母について調べる課程はわく…続きを読む
ログイン新規登録(無料)