沈黙のwadayaさんの感想

二十年以上前に読んでいたが、今回映画化を前に再読。読み返して良かったと思う。遠藤周作という作家は私にとって特別である。私は氏が学長をされていた時代の映画学校の生徒だった。日本人の宗教観がこの小説の根底にはある。泥沼のような…と表現されているが、自然崇拝とは異なる実体としての「神」が根付いているとは言えない。ただそのことで、信仰を持つ者と持たざる者と、どちらが苦しまなかったとは言えない、と言っている。その両方に平等に与えられたのが皮肉にも「沈黙」であり、不条理という哲学がその背景にあるのではないかと思った。
★24 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

47冊/14263ページ/男性/45/サービス業

wadayaさんの最近の感想・レビュー

ア・ルース・ボーイ (新潮文庫)
ドロップアウトして、どんどん人生が落ちて行く感覚は、自分の経験からも痛い程よくわかる。仲間が大学に進…続きを読む
存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)
二十年前に読んでいて、本も引越しの時に処分していたのだけれど、どうしても読みたくなって文庫を買ってし…続きを読む
A2Z (講談社文庫)
A2Z
「不倫」って言ったって、人それぞれ色んな感情や形があると思う。だから他人が倫理的にどうだとか言えたこ…続きを読む
森崎書店の日々 (小学館文庫)
自分も神保町に縁があって、通い始めて二十年になる。次に住むなら神保町と決めているくらいの神保町フリー…続きを読む
キネマの神様 (文春文庫)
う〜ん、参りました!何ですかね、この読後の清々しさ(笑)人それぞれ感動するポイントが違うのでしょうけ…続きを読む
君の膵臓をたべたい
若い頃、異性との友人関係を肯定できたかというと、幼かった自分には理解できなかったと思う。今はその尊さ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)