ちょっと今から仕事やめてくるのToyofumiさんの感想

視野が狭くなるのは本当に怖いことで、働いている環境や学んでいる環境の「普通」が標準になり、過去・現在のコミュニティの中が比較対象の基準になると、締め付けが多くなる。生きづらくなったら、逃げることも必要で、"逃げるは恥"とは限らない。その後の生き方次第で、"恥"か"誉れ"かは決まる。そんなことを感じる一冊。常日頃から、様々な立場(親、友人など)に立って、客観的に、自分を把握しておきたいものである。
★25 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

22冊/4567ページ/男性/23/大学生・院生

Toyofumiさんの最近の感想・レビュー

ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)
読了までに時間がかかってしまったので、近いうちに再読したい一冊。続きを読む
未来に先回りする思考法
Googleの「20%ルール」は「リスクヘッジ」のために造られたもの。イノベーションをする「差し迫っ…続きを読む
なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか
決算書が読める人は、自らの行動が会社の業績にどのような影響を与えるかを理解している。会社が利益を上げ…続きを読む
野心のすすめ (講談社現代新書)
「やってしまったことの後悔(切り傷)は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔(内出血)は日々大きく…続きを読む
見てる、知ってる、考えてる
①オトナが何時の日かに忘れてきたモノ(こころ)を思い出させてくれる本。衝撃的なことも、奇想天外なこと…続きを読む
ログイン新規登録(無料)